1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

美容家やヘア&メイクのプロなど 美容の達人4人が選んだ保湿コスメ④ 潤いの主役「乳液&クリーム」6選

CREA WEB / 2021年10月9日 17時0分

 秋冬は肌が乾燥して仕方ない……という人は、使っているスキンケアコスメを見直してみるのもあり。美容ライターや美容家、ヘア&メイクなど美容のプロに、潤いを長時間保てるおすすめアイテムを教えていただいた。

 新作から名品まで、試して損はない厳選アイテムとその理由をご紹介。第4回目は、与えた水分を留めるために欠かせない乳液&クリームをピックアップ。


#04 乳液&クリーム

与えた水分を留める主役。肌状態に合うものを選んで


 化粧水や美容液で肌の中に満たされた水分を留めるのは、乳液やクリームの油分。自分にちょうどいいものを選び、必ず使って。複数もって使い分けるのもおすすめ。

◆TATCHA

「タッチャ シルク クリーム」


タッチャ シルク クリーム 50mL 15,000円/タッチャ ジャパン

「みずみずしいのに、しっかりクリーム。使いやすさ抜群」「テクスチャーはジェルでありながら、コクとなめらかさを味わえる、本当に使いやすいクリーム」(水井)

「肌質を問わず愛される仕上がり」(大塚)

タッチャ ジャパン


https://www.tatcha.jp/

◆ITRIM

「エレメンタリー フェイシャルエマルジョン」


エレメンタリー フェイシャルエマルジョン 75mL 22,000円[9/16発売]/ITRIM

 厳選した植物の有用エキスを配合。

「大人の乾燥ぐすみがさーっと晴れていくのを感じます」「美容液でつくった乳液という感覚のみずみずしさ」(永田)

「ITRIMの精油の香りが狂おしいほどに好き」(大塚)

ITRIM


https://www.itrimbeauty.com/

◆BOBBI BROWN

「インテンシブ スキン セラム ラディアンス エマルジョン」


インテンシブ スキン セラム ラディアンス エマルジョン 150mL 9,240円/ボビイ ブラウン

 冬虫夏草や高麗人参のエキスを贅沢に配合。

「美容液と乳液がひとつに。肌が喜ぶチャージ乳液」「与えた水分をこれでもかと抱え込み、みっちり肌に」(大塚)

「肌が元気になる感じがします」(水井)

ボビイ ブラウン

電話番号 0570-003-770
https://www.bobbibrown.jp/

◆EXCIA

「エクシア ブライトニング リッチミルク」


エクシア ブライトニング リッチミルク[医薬部外品]200g 13,200円/アルビオン

「潤いが入りにくい肌にはほぐし効果のプレ乳液を」「肌の調子が悪い時、乳液先行のアルビオン式に切り替えるとすぐにふっくら。リッチなのにベタつかず、透明感も出てきます」(永田)

アルビオン


https://www.albion.co.jp/products/series/exalr

◆DECORTÉ

「AQ ミリオリティ インテンシブ デイクリーム」


AQ ミリオリティ インテンシブ デイクリーム SPF10・PA++ 50g 38,500円/コスメデコルテ

「ちょっと贅沢ですが、朝の肌はこれがあれば安心!」「朝のメイク前は、潤いをしっかり守りつつ軽めのクリームを選びたいもの。これはテクスチャーも、キメが整う美肌効果も最強です」(AYA)

コスメデコルテ


https://www.decorte.com/

◆Dior

「カプチュール トータル セル ENGY リッチ クリーム」


カプチュール トータル セル ENGY リッチ クリーム 50mL 14,300円/パルファン・クリスチャン・ディオール

 コクのあるリッチなバーム状で潤いを長時間キープ。

「肌のツヤがどんどん高まる。質の良さにうなるクリーム」「クリームらしい心地よさ。使っていると肌の調子がアップ」(水井)

パルファン・クリスチャン・ディオール

電話番号 03-3239-0618
https://www.dior.com/

●教えてくれたのは…

水井真理子さん

トータルビューティアドバイザー・エステティシャン。数々の女性誌でスキンケアの指南役として活躍。プライベートサロンも運営。

大塚真里さん

エディター。女性誌の編集者を経て独立。本誌やビューティ誌で主に美容ページを手がけ、書籍の執筆も。本企画を編集・執筆。

永田みゆきさん

美容ライター。女性誌の編集者を経て独立。本誌をはじめ多くの女性誌で活躍し、理論的で分かりやすい文章には定評がある。

AYAさん

ヘア&メイクアップアーティスト。女性誌でのメイク提案や俳優のメイクで活躍。スキンケアコスメにもこだわりが。LA DONNA所属。

Composition & Text=Mari Otsuka
Photographs=Hirofumi Kamaya

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング