1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

[へび年]10月上旬~11月上旬運勢 ブレやすい時期。リセットには睡眠が◎

CREA WEB / 2021年10月3日 18時0分

巳(へび)年

10月6日(水)〜11月4日(木)の運勢


 感情のコントロールが肝となるとき。

 この時期は、あれもこれもと欲が出たり、日によって意見が変わるなど、どっちつかずな言動が増えやすい模様。

 公私での気持ちの切り替えも重要課題。仕事でのストレスが恋愛に、恋愛での悩みが仕事に悪い影響を及ぼす……といった状況に陥ることも。

 一時的な衝動で物事を決めるのもNG。冷静さを欠いた判断は、取り返しのつかない結果を生みかねません。

 この時期の転職の決断は、少々危険。先延ばしにできるようなら、それまでの間、じっくり考え、11月末以降に決定を。

 恋愛面も、メンタル面が不安定になりがち。その結果、ちょっとした喧嘩がもとで別れを決めたり、既婚者なら離婚届を突き付けたり……という極端な行動に出てしまうことも。

 勢いに任せて無茶をしないよう、熱くなったときは、ブレイクタイムを設けてクールダウンするなどして、自分の感情とうまく付き合いましょう。

 今月の運勢を決めるのは、自分の意思ひとつ。あなたを幸福へと導けるのは、あなただけだということを肝に銘じて過ごしてください。

 ただ、煮詰まったときには、他人の意見を傾聴することも大切。迷いが晴れれば、客観的な判断も下しやすくなるはず。

 また、大きなプレッシャーも判断を誤る原因に。適度な息抜きと質のよい睡眠を心がけ、十分にリラックスすることもお忘れなく。

 健康面で注意したいのは、喉の不調や違和感、情緒不安定。

 この時期、相性がいいのは、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)年。

 距離を置いたほうがいいのは、寅(とら)、亥(いのしし)年の人。

 吉方位は、南と東。避けたほうがいいのは、北と西。

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

巳(へび)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

 一対の麒麟が、上向いた運気の後押しをしてくれます。

 麒麟は中国の神話に登場する伝説上の霊獣で、神様が好んで乗る生き物として知られています。

 風水で用いる際は一対を飾るのが基本。こうすることで邪気を祓い、財を呼び込むとされています。

 できれば、風水グッズのお店などで置物を入手してください。

 素材はガラスや銅製のものが多く、ポーズにもバリエーションがありますが、お金を掴んでいる意匠がオススメです。

 オフィスのデスクかリビングに飾ることで、さらなる仕事運や金運のアップをはかりましょう。

 飾る際は、顔が外を向くように留意してください。

 すでに手に入れている場合は、水で洗ってお清めしてから、再登場願いましょう。

 この時期のラッキーカラーは、赤と緑。

 避けたほうがいいのは、黒と白色。

巳(へび)年・基本性格

 頭の回転が早く、物事の処理能力に長けた人。そのうえ手先が器用で、手工芸や料理が得意な人が多く“手に入らないなら、作ればいい”と、手早く自作して、周囲を驚かせることもありそう。

 また、バイタリティにあふれ、行動的。責任感も強く、これと決めたことは、困難があっても粘り強くやり抜きます。

 明るく人当たりも良いので、学生時代には学級委員や生徒会長に選ばれ、活躍した人もいるのでは。

 社会に出てからは、優秀な人材として早くから頭角を現し、着実に結果を出すタイプです。

 スマートな立ち居振る舞いで“デキる人”“聡明な人”というイメージを持たれやすいキャラクターですが、時々、空気を読まない不用意な発言で、皆に引かれてしまうことがありそう。悪気がなくとも、心の声のダダ漏れには要注意。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング