1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ごくせん、働きマン、緊急取調室… 速水もこみちの俳優道に今頃落ちた!

CREA WEB / 2021年10月15日 19時0分

絶対好きになる予定がなかったタイプの俳優・速水もこみち

「絶対この人を応援する日は来ないだろう」——。突然ですが皆さん、そのくらい遠くに感じるアーティストさん、タレントさんはいらっしゃるでしょうか。

 私は自慢じゃないが、昔からストライクゾーンはかなり広いほうだ。そんなタイプはいない、観るもの拒まず! と言い切りたい。

 しかし残念ながら、存在を遥か遠くに感じる方もいる。心の距離はイスカンダル。もはや「違う星の人」扱いである。

 その最たるタイプが「金髪色黒渋谷ストリートモテきっとサーフィンもうまそう系俳優」。脳が「好きになってはならぬ」と自動的に蓋をする。ファンになったとて、こんなダサくてトロいオバハンの声援なんて逆に迷惑ですよねそうですよね……。と、私の妄想力が極端にネガティブに働くジャンルなのである。

 しかし最近、そのイメージで避け続けてきた某俳優さんが、年を取るごとにジワジワ推しゾーンに入ってきて戸惑っている。

 その人の名は速水もこみちさん。このマイハートどういうことですか神様ヘルプ!

ドラマ「緊急取調室」もつなべコンビにハマる


「ごくせん」出演時期の速水もこみち(2020年12月18日 速水もこみち公式Instagramより)。美しすぎる。ビビるほどに。

 速水もこみちの存在は2005年の「ごくせん第2シリーズ」で初認識したのだが、見てすぐ見なかったことにした。おおう苦手な金髪渋谷系。しかも顔、スタイル、そして声、トータルで整い過ぎている。怖いほどに。

 1ミリとて湧かない親近感。都会的過ぎる。進化形過ぎる。あまりにも綺麗過ぎる。人間ぽくなくて、芸能界が業界発展のために極秘で製作したアンドロイドかも、とまで思った。

 そして

「彼はこのルックスで逆に苦労するはず。出る作品に困りそう」

 勝手にそう予測してしまったのだ。

2014年の「緊急取調室」で変わった印象


ドラマ「絶対彼氏」(FOD公式サイトより)。美しすぎる。怖いほどに。

 しかし私の予想はあまり当たったことがない。速水もこみちもその例に漏れず、様々なドラマに出続けた。そんな中で、ついに私も2007年の「働きマン」あたりで「あれ?」と思い始めた。そして2008年「絶対彼氏 〜完全無欠の恋人ロボット〜」で、さらに見方が変わってきた。速水もこみち、良くないか? と。

 とはいえ「働きマン」の田中役はマンガとそっくりということ、「絶対彼氏」はロボット役ということで、彼の外見を最大限に活用した制作側に感心して終わった。特に「絶対彼氏」はあまりの役のハマり具合に「もう速水もこみちは人間役ができないのではないか」とまで思ってしまった。

 それが、本当にとんでもなく余計なお世話だと気づいたのが2014年「緊急取調室」の渡辺鉄次刑事役である。


(ドラマ「緊急取調室」公式サイトより)。「怪力男」という設定だったのか。クッ、好き好きといいながら、私はいろんなことを見落としている!

 シーズンを追うごとに速水もこみちへのトキメキが高まっていく。こんな日が来るとは! 監物を演じる鈴木浩介との捜一バディ「もつなべコンビ」がとてもリズミカルで、ドラマの素晴らしいスパイスになっていたのである。

 昔アンドロイドのように親しみがなかった彼はおらず、熱血で少し抜けていて、かといって弾け過ぎない、愛すべき若手刑事がそこにいた。

 どうした。速水もこみちに何が起きた? いや待て、私が勝手に彼の表面ばかりを見て、今までその素晴らしさを見逃していたのか。

 嗚呼、絶対後者! ここでやっと私は己の目の節穴ぶりに気付いたのである。

登録数40万人の「速水もこみち 公式チャンネルM’s TABLE」

 さらにトドメとなったのが、彼が「緊急取調室season4」とコラボし、キントリチームに差し入れドーナツを100個作る動画「【ドーナツ100個】天海祐希さんに試食して頂きました。【緊急取調室】」である。


(2021年7月15日 速水もこみち公式インスタグラムより)。帽子のかぶり方が中途半端でも美しい。

 私は料理に全く興味がないので「ZIP!」で好評を博していた「MOKO’Sキッチン」を見たことがない。華麗なオリーブオイルさばきの噂が少し耳に入っていたくらいである。

 だから初めて「速水もこみち 公式チャンネルM’s TABLE」をクリックし、そのクッキングマジックを観たときは、凄まじく感動した。

 天海祐希が差し入れ作りの指令を出すのは録画なのに、天海さんが画面に映ると急いで帽子を取る律義さ! トークイベントが迫っていて時間がないのにテレビ朝日の調理室でドーナツを揚げる手際の良さ! その後も時間がないのにスーツ姿でドーナツの味を格上げするためレモンとオレンジの皮を擦るこだわり!

 ら、ラズベリー飾っただけでもじゅうぶんじゃないか……! その上の気配りというか、食べる人に喜んでもらおうとする気合いに口が空いた。キントリが終わった今も、私はこの動画をよく見る。ひたすらスゴイと思う。さらにこの動画がきっかけで、私は他の人の料理動画も見るようになった。料理とは思いやりなのだなあ、とつくづく知る今日この頃である。


(2021年7月15日「速水もこみち 公式チャンネルM’s TABLE」より)。レモンが飛ぶ躍動感とネクタイとのギャップが素晴らしい仕事をしている。このスクリーンショット、永遠に見ていられる。

 もはや、もこみちは私にとって「料理の心」を教えてくれる師匠。年末に向けて、彼の公式サイトに記されていた「セブンイレブン2022 おせち 速水もこみち監修 招宝 一段重」の購入を真剣に検討している。

金髪ごくせん生徒は名バイプレイヤーになっていた


(2021年7月15日「速水もこみち 公式チャンネルM’s TABLE」より)。次はどんな美しいもこみち画像かと思った方、申し訳ない。まさかのドーナツオンリーである。

 さて、速水もこみちの最近の作品は「緊急取調室」の他にも、完璧に見えて実はドMな上司(「この男は人生最大の過ちです」)や人形・みちゅこを愛する人形愛好イケメン(「結婚できないにはワケがある。」)というクセが強すぎるイケメン上司を続けて演じ、好評を博している。私がコロナ禍の期間、レンタルで見た映画「海月姫」(2014年)の運転手、花森よしお役も最高だった。

 この人の包容力はどこから来るのだろうか。ときには整い過ぎた顔を活かし、ときにはそれを武器にせず、堅実に演技の幅を広げている。

 私が「苦労しそう」なんて勝手に思っていた金髪のごくせん生徒は、[真面目な芝居もコミカルな芝居もこなせるイケメンバイプレ](映画「バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~」の紹介コメント)になっていた。


映画「バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~」公式HPより

 想像ではあるが、彼はここまでくるのに美形だからこそいろんな悔しい思いもしたのではなかろうか。それを静かに受け入れ、あのドーナツ動画でギリギリまでオレンジを擦っていたように、自分ができることをプラスし続けてきたのだろう。

 全国のもこみちファンから「昔っからいい俳優さんだったよ遅いねーん」と裏手パンチが入っていることを右肩に感じている。そのツッコミに、ビー・ドゥゲーザ(土下座)……。

「好きになってはならぬ」と思い込んでいた人はとても魅力的だった。時間はかかったが、それに気づくことができて本当に良かったと思う。

 私が愛するもつなべコンビが活躍する緊急取調室はseason4で解散してしまったが、いつの日かスペシャルで帰ってきてほしい。そしてこれからも、主役としても脇役としても素晴らしく美味しく味付けをする、彼のドラマを見ていきたい。


田中 稲(たなか いね)

大阪の編集プロダクション・オフィステイクオーに所属し『刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる警察入門』(実業之日本社)など多数に執筆参加。個人では昭和歌謡・ドラマ、都市伝説、世代研究、紅白歌合戦を中心に執筆する日々。著書に『昭和歌謡出る単1008語』(誠文堂新光社)など。
●田中稲note https://note.com/ine_tanaka/

文=田中 稲

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング