原口元気が華麗なドリブル、バイエルン戦でMOM選出

サイクルスタイル / 2017年10月2日 21時15分

バイエルン戦でMOMに選出された原口元気(2017年10月1日)

ドイツ・ブンデスリーガ第7節が10月1日に行われた。原口元気の所属するヘルタ・ベルリンは本拠地でバイエルン・ミュンヘンと対戦。後半の立ち上がりまでに2点をリードされるが追いつき、2-2の引き分けに終わっている。

カルロ・アンチェロッティ監督が解任され、ウィリー・サニョル暫定監督の下で当面の試合を戦うことになったバイエルン。前半10分にセットプレーからのこぼれ球を拾い、ジェローム・ボアテングが入れたクロスにマッツ・フンメルスが頭で合わせる。後半4分にはコランタン・トリッソが浮かせたボールから、ロベルト・レヴァンドフスキが相手DFに競り勝って追加点を奪う。

いい時間帯に追加点が決まったことで流れはバイエルンの勝ちゲームになった。だが直後にヘルタは原口元気がドリブルで相手エリア内を切り裂く。DF3人をかわしてラストパス。オンドレイ・ドゥダが押し込み1点差とした。6分後にはサロモン・カルーも決めて追いつく。

後半42分までプレーした原口はマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

CycleStyle

トピックスRSS

ランキング