「母性愛をください」"木嶋ガールズ"に続き、男子大学生にも木嶋佳苗ファンサークルが......

日刊サイゾー / 2012年5月1日 8時0分

写真

 連続不審死事件で男性3人の殺人罪などに問われ、4月13日に死刑判決を受けた木嶋佳苗(37)の裁判では、傍聴を希望する列に同世代の女性が目立ったことで、報道陣から"木嶋ガールズ"と呼ばれた。

「正直、うらやましい......」
「気持ちはすごく分かる」

 彼女たちは意外にも木嶋に対して憧れや共感を抱いており、インタビューした記者たちを絶句させている。朝刊紙の記者によると「殺人は許されませんが、木嶋被告のように男性の気持ちをつかめたら、どんなに楽しいか......恋愛のハウツー本を出してもらいたい」という30代女性や「自分は男性に貢がせた金額も経験も木嶋被告より多く、今も男性をだますことがやめられない」という40代女性がいたという。

 さらに驚かされたのは、判決が近づいた3月下旬に「木嶋佳苗の母性愛を」などと書かれたボードを持った男性グループがいたことだ。彼らもまた木嶋に対し、好意を抱いたと話している。後日、このグループのひとりにインタビューした。

「罪を憎んで人を憎まず、犯罪を否定しても彼女の人間性まで全否定する必要はないと思います。むしろ、女性たちは木嶋さんに見習うべきところがあります」

 答えてくれたのは23歳、俳優の柳楽優弥にも少し似た大学生Aさんで、3つの大学にまたがる8名の木嶋ファンサークル「苗」を運営しているのだという。

「もとは母性愛を求める心理研究をやっていました。自分自身も過去、女性との交際経験でイライラさせられることが多く、ケンカ別れも多かった。その理由として考えられるのが、女性に母性愛が欠如していることだと思ったんです。そこでハッとしたのが、木嶋被告の存在」

 こう話すAさんは、木嶋が最後に5日間を過ごした元恋人男性が「朝はホットケーキ、昼はパスタ、夜はポトフなど手作り料理でもてなされ、就職のために履歴書の書き方もアドバイスしてくれた」と証言したことなどを挙げ、「こういう行為が母性愛の表れで、優れた女性らしさ」なのだという。

「まるで母親みたいな行動です。字も達筆で話し方も柔らかい。みんながスリムに走る中で、あのぽっちゃり体型も母性を強調します。この事件は、あまりに魅力的な女性がいて、それに狂ってしまった男性がいたから起こったことではないでしょうか。一方的に被告を悪人と決め付けるだけでは、真実は見えてこないと思うんです」(Aさん)

 殺人で有罪と判断されたことについては「当然」としながらも、Aさんは「それとは別に、彼女には大きな魅力があるということを主張したい。できれば彼女と会って話がしたいし、なれるものなら僕も恋人になってみたい」と話した。

 今後、サークルでは裁判を通じて見出した研究結果を報告し、女性の母性愛向上に役立てたいというが、殺人犯だというのに崇拝する木嶋ファンたちの心境は理解しがたいものがある。
(文=和田修二)

※画像は「女性セブン」(小学館)5月10日・17日合併号より


【関連記事】

「歴史的勝利だ!」アイドル研究家が"美人すぎる市議"の「ウンコしない」発言に落涙中!?

「メディア戦略ならお手のモノ」"将来の首相"橋下徹大阪市長のブレーンに島田紳助の影

やっぱり出馬打診されていた! 友近の政界進出を阻む父の存在

猪瀬直樹副都知事と橋下徹大阪市長の電力改革連携はタバコがネックで亀裂も!?

「谷でも金、民主でも金(カネ)」!? 谷亮子の国政進出、応援しますか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング