局アナの枠を飛び出したマジカルな思考回路の冒険『安住紳一郎の日曜天国』

日刊サイゾー / 2012年8月4日 8時0分

写真

 放送局に所属する男性アナウンサーの中で、いま最も「フリーに近い男」。安住紳一郎がそう呼ばれるには理由がある。その理由とは、当たり前に聞こえるかもしれないが、彼が断トツに面白い人間だからである。ルックスや仕切り能力が評価されているのはもちろんだが、それだけでは業界内で一流の評価は得られない。だが、その面白さの発揮される余地が、テレビにはほとんどないというのも事実。彼の真価はラジオでこそ100%発揮される。『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ/日曜10:00~11:55)とはつまり、人間・安住紳一郎の魅力が高濃度でパッキングされた番組である。彼の評価を根底で支えているのは、間違いなくこの番組なのだ。

 ラジオでの安住は、「アナウンサー」ではない。安住だけでなく、ラジオで冠番組を持つすべての「アナウンサー」が、ラジオにおいては「アナウンサー」ではない。ラジオのしゃべり手は、芸人であろうと歌手であろうと俳優であろうとアナウンサーであろうと、みな平等に「パーソナリティー」と呼ばれる。つまりラジオという戦場は、職種を剥ぎ取られた裸一貫の状態での、個の勝負の場として設定されている。ラジオを面白くするには、自らが見栄っぱりな衣を脱ぎ捨て、弱みも情けなさも変態性もあらわにしてリスナーにぶつかっていくしかない。『日曜天国』で明らかになる安住の魅力とは、まさにそういった、アナウンサーとして一見マイナスイメージとも取られかねない、人間らしい性質の数々である。そういう意味では、伊集院光が深夜ラジオで放つ魅力に近い。ただ安住のほうが、ルックスの爽快感と隠された毒性のギャップが大きい分、衝撃は大きいかもしれない。しかもこちらは日曜の朝からである。

 安住の最大の魅力は、その独特の思考回路にある。人間の性格とはつまり、「何をどういう順番で考えるか」ということであって、魅力的な思考回路は人間的魅力に直結する。番組は毎度、丁寧な挨拶と天気の話題から入り、最近安住の身のまわりに起こったことをきっかけに、飛行機が徐々に離陸するように約30分のフリートークが展開されてゆく。ほかにも、生姜焼きマニアやマリンバ奏者など珍しいゲストを迎えるコーナーや、ほのぼのとした雰囲気ながらも毒の効いたメッセージ紹介コーナーなどもあるが、やはり長尺のオープニングトークがこの番組の肝だろう。

 例えば、ある日のフリートーク。いつも通りの気候の話から、安住はその日が素晴らしい陽気であるということを伝えるのに、こんな話をする。その日の早朝、徹夜明けの安住は徒歩で帰宅途中、自転車を颯爽とこぐ女性に遭遇した。ごく普通の話だ。だが安住は、すれ違いざまに見たその女性の、まるで鼻歌を歌う寸前のような、口笛を吹く寸前のような恍惚とした表情になぜか衝撃を受ける。俺もあんな顔をしてみたいと強く思う。しかも今すぐに、家に着くまでの間に。安住は顔を変形させ、なんとかその女性そっくりに恍惚の表情を作り出そうと試みるが、どうしても再現できない。そこで、「なぜ俺はあの人と同じ気候のもと過ごしているのに、同じ顔ができないんだ」と考えた安住は、「ああ、俺は今さほど心地よくはないんだ」と急に気づき、「じゃあ、できないや」と、あっさりあきらめたという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング