オダジョー主演『家族のうた』はなぜコケた? 春ドラマ徹底検証(後編)

日刊サイゾー / 2012年5月6日 8時0分

写真

 4月2日に放送開始した『梅ちゃん先生』(NHK総合)から、4月26日スタートの『Wの悲劇』まで、約30作品が出揃った春の連続ドラマ。

 初回レビュー前編
で触れた通り、今クールの特徴はなんといっても「刑事ドラマ」と「ジャニーズ主演ドラマ」の多さ。この後編では、4月15日以降に初回を放送した作品を中心に、話題のドラマをピックアップしていきたい。


■中居くん、大野くん、相葉くん、草なぎくん、錦戸くん......視聴率上位はジャニーズ祭り

 まず、4月クール全作品の初回平均視聴率のトップ10は以下の通り(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

1位『梅ちゃん先生』(NHK総合)20.5%
2位『ATARU』(TBS系)19.9%
3位『鍵のかかった部屋』(フジテレビ系)18.3%
4位『三毛猫ホームズの推理』(日本テレビ系)15.9%
5位『新・おみやさん』(テレビ朝日系)14.1%
6位『37歳で医者になった僕~研修医純情物語~』(フジテレビ系)13.2%
7位『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)12.2%
8位『パパドル!』(TBS系)11.6%
9位『Answer~警視庁検証捜査官』(テレビ朝日系)11.4%
10位『Wの悲劇』(テレビ朝日系)10.9%

 SMAPが主題歌を歌う連続テレビ小説『梅ちゃん先生』以下、ジャニーズ主演作品が、中居正広主演『ATARU』、大野智主演『鍵のかかった部屋』をはじめ5作品。SMAPがまだまだ現役であり、嵐、関ジャニ∞が"主演クラス当たり前"のポジションに鎮座していることで、ジャニーズがいかに芸能界を牽引しているか、改めて突き付けられるランキングとなった。

 ただ、『ATARU』『鍵のかかった部屋』ともに、第2回放送分では16%台までガクンと下落。『三毛猫ホームズの推理』にいたっては12.1%まで落ち込んでおり、作品としての評価はこれからが勝負といえるだろう。

 関ジャニ∞・錦戸亮が本人役で主演する『パパドル!』は、1987年にヒットした中山美穂主演『ママはアイドル!』(TBS系)のリメーク。『ママはアイドル!』では、旦那(三田村邦彦)の連れ子役の後藤久美子による、継母(中山)へ向けられる表情が凍りつくほど冷たく美しく、それがドラマのキモであり、最大の魅力でもあった。そういった観点からすると『パパドル!』の今後は、長女役の川島海荷の"冷たい演技"が握っているといっても過言ではないかもしれない。

 余談だが、『ママはアイドル!』で長男役だった永瀬正敏は、劇中では小泉今日子のファンという設定。「実際に結婚(&離婚)しちゃった永瀬ってすごいよなあ」「みぽりんもゴクミも、いまや日本にいねえなあ」なんてことに思いをはせながら、「ってことは、錦戸くんも鬼束ちひろあたりに『やっと逢えたね』とか言われて、海外に移住しちゃうのかなあ......」などと妄想をリンクさせながら楽しんでみるのもオツではないだろうか。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング