「すべては新喜劇のため」座長・小籔千豊 初の主演映画で"アホらしくなった"ものって?

日刊サイゾー / 2012年3月7日 8時0分

写真

 3月10日、吉本新喜劇の座長を務める小籔千豊の初主演映画『FLY! ~平凡なキセキ~』が公開される。小籔が演じる主役の平野満男は、大阪の町工場に勤める内気な青年。工場の事務員でシングルマザーの高崎ななみ(相武紗季)に密かに思いを寄せる彼は、あるとき地球に不時着したさえない宇宙人・シカタ(温水洋一)に出会い、彼と同居することになる。大阪の街を舞台にした友情と恋がテーマの物語。主演を果たした小籔に話を聞いてみた。

――今回の映画で主役に抜擢されたときのお気持ちはいかがでしたか?

小籔千豊(以下、小籔) 「ホンマに僕でええんかな?」という戸惑いがありましたね。僕は新喜劇で座長をやってますけど、演技にまったく自信もないですし。それでまた、周りのキャストを見たらえげつないぐらい強烈な人たちですから。光栄なんですけど、荷が重いんじゃないかなと思ってましたね。

――役作りのために何かやったことはありますか?

小籔 主役の満男に自分を重ね合わせて「相武紗季さんぐらいかわいい人に恋したらどういう気分なんやろうな?」って考えたりはしてましたね。カメラが止まってるときでも、気持ち悪がられへん程度に相武さんとか本仮屋(ユイカ)さんの顔をずっと見ながら「こんなきれいな人が言い寄ってきたらどうなんやろ?」って思ったりはしてました。周りからは「大阪の芸人が東京のきれいな女優さんをじっと見てて、めっちゃ調子乗ってるやん」って思われてたかもしれないんですけど(笑)。僕としては一応、真面目にイメトレとしてふたりを見つめていたんです。

――相武さん以外にも、温水洋一さん、大杉漣さんなど、豪華な俳優陣と共演されていましたね。

小籔 そうですね。相武さんと演技をさせていただいて、それまではテレビ見てて「かわいい人やなあ」ぐらいにしか思ってなかったんですけど、じかで見たらやっぱりプロの女優さんなので、演技力ヤバいですからね。例えば、阪神が弱いときにピッチャーが打たれたら、うちの父親とかが「こんなんやったら俺が投げたほうが抑えられるわ」とか、酒飲みながら言うわけですよ。テレビ見てる間は好き勝手言えるんですけど、実際そのピッチャーが父親が入ってる草野球チームに来たら、たぶん完全試合になると思うんですよね(笑)。テレビで見てるのとじかで見るのとはすごさが全然違う。もちろん頭ではわかってたことなんですけど、それを超えて皆さん素晴らしい役者さんばっかりだったんで、勉強になりました。それで刺激を受けて、僕はお笑いを頑張ろうと思いましたね。自分の本業をちゃんとしないと、この人らみたいに格好良くなれないな、と。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング