いまだレギュラー4本! 「そんなの関係ねぇ」小島よしおが"消えない"理由とは?

日刊サイゾー / 2012年3月9日 8時0分

写真

「消える消えるって言われながら、いまやバラエティでは欠かせない存在になっていますよ。相変わらずギャグは面白くないですが(苦笑)、早稲田出身というだけあって頭の回転は早いので、トーク番組が多い現在のバラエティは、彼に向いているのかもしれませんね」(テレビ局関係者)

 よく見ると、毎日のようにテレビに出ている小島よしお。「そんなの関係ねぇ」でブレイクしたのが2007年ということで、実に5年もの間"消えない"でいることになる。

「今もレギュラーを4本持っていますし、準レギュラーも数本ある。最近はドラマにも出演していますし、健康ブームにも乗っかって自転車通勤をアピールするなど、その時々の流れを読んでいる気がしますね」(芸能事務所関係者)

 確かに、売れるようになった若手芸人の体は皆、だらしなくなっていくのだが、小島の体は引き締まったままだ。

「若手でお金がない時代からジムの月謝だけは払っていたそうですよ。食費を切り詰めてでもトレーニングにはお金を使っていたそうです。でも、プロテインなどのサプリ系はお金がかかるので使わなかったそうです」(前同)

 安定した人気がある今では、トレーニングにもさぞお金をかけているのかと思えば、実際はそうでもないようだ。

「今は忙しいからか、もっぱら自宅でやっているそうです。相変わらず、最低限のお金しかかけてないそうです。なんでも、『いつか売れなくなったときに何かあるといけないから』と言って、貯金しているそうですよ。本人いわく、"あの『そんなの関係ねぇ』で2億円近く稼いだけど、ほとんど貯金している"そうです。そういう意味では、芸人特有の豪快さに欠けて面白みはないんですけどね」(前同)

 まさに、「そんなの関係ねぇ」といったところか?


※画像は『小島よしおのギロスチョピ~前へ前へ~』(よしもとアール・アンド・シー)


【関連記事】

「キング・オブ・一発屋」小島よしおのキャラクター戦略

「収入はピークの半分! でも......」テレビから消えても生き残る"一発屋芸人"の経済学

崖っぷち!? ムーディ勝山、新ネタ引っさげ魂の叫び「テレビに出たいっ!」

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング