KREVAが開けた"パンドラの箱"――深刻な「コンサート離れ」で混迷極まるJ-POP界

日刊サイゾー / 2012年4月10日 8時0分

 ラップ歌手のKREVAがTwitter上で、4月11、12日に予定されている自身のコンサートについて「チケットが全然売れてない」と表明して波紋を呼んでいる。

 ネット上では「よくぞ正直に言った」「あえて言う必要もないのでは」と賛否両論のようだが、ある音楽イベント関係者は「彼の発言は音楽業界にとってパンドラの箱を開けたようなもの」と話す。

「昨年の震災以降、コンサート動員の落ち込みが回復せず、もはや興行全体が行き詰まり状態なんです。とくにロックやヒップホップなどの公演が不振で、最近では、某中堅ロックバンドの日本武道館公演が半分近く売れ残ったことが話題となりました。KREVAはその中では動員数をキープしているほうですが、同じツアーで計4回も東京公演を計画したことが裏目に。コンサートの当事者がチケットの売り上げ不振を明らかにしたことで、今後は各プロジェクトで公演数や会場の見直しが進むでしょう」

 全体の動員数が減り続けているにもかかわらず、多くのバンドや歌手がコンサート数や会場規模を適正化できていない。その背景には、収益源をチケット収入や物販収入に頼る、Jポップ界全体の傾向があるという。

「CDやダウンロード販売の低迷が続き、いまや音源を発売してもほとんどお金になりません。そのため、多くのバンドや歌手がコンサート活動に力を入れていますが、今度は"最近のヒット曲がないので、いつも同じ内容"という演目のマンネリ化現象が起きている。熱狂的なファンを抱える大御所歌手やアイドル以外では、すでにコンサート離れが起きていますが、多くのバンドや歌手はコンサートの規模縮小に踏み切れていない」(音楽雑誌編集者)

 実際、Jポップ系のバンドや歌手は、現在も「シングルやアルバムを出す→コンサートを行う」というサイクルを脱していないように見える。たとえば、浜崎あゆみなどはCDの売り上げが往時の数分の1まで下がっているにもかかわらず、CDを出すたびにアリーナ規模の会場でコンサートを行っているが、チケットの売れ行きは年々悪化。4月7日から始まる全国ツアーでは、「各地でチケットが売れ残っている状態」(前出のイベント関係者)という。

「なんだかんだ言って、多くのファンは最新のヒット曲を聴きたくてコンサート活動に足を運ぶわけです。『CDからライブの時代へ』と言いますが、ライブの盛り上がりを支えるのはヒット曲。それを生み出せていない現状では、将来的にコンサート文化の衰退を招くのではないか」(前出のイベント関係者)

 頼みのコンサート動員の不振で、音楽業界の混迷は深まっている。
(文=柴田勇気)


※画像は『クレバのベスト盤』(ポニーキャニオン)


【関連記事】

音楽不況ここに極まる......あゆ、テルマ、大塚――人気者のCDがまったく売れない!

「和製レコード会社が消える!?」長期化する音楽不況で業界存亡の危機......

「業界全体がAKB商法になる!?」ダウンロード不振で音楽業界はシニア産業へ

「Jポップも見習え!?」地道な営業、タニマチ確保――見直される演歌ビジネス

「半分以上残っている......」チケット代が高すぎる!? コンサート不振の背景

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング