沢尻、高岡、塩谷......"元スターダスト"タレントが問題児だらけな理由とは

日刊サイゾー / 2012年6月10日 8時0分

写真

 竹内結子や柴咲コウなど、名だたるタレントを擁する大手芸能プロ「スターダストプロモーション」を辞めたタレントが、このところ"フィーバー"している。

 俳優の高岡蒼甫は昨夏、Twitter上で韓流番組ばかり流すフジテレビを「8は今マジで見ない」と非難。それがもとで事務所をクビになったが、その後もTwitter上での過激発言は止まらない。宮崎あおいとの離婚の際には、「妻を寝取った」とばかりにV6の岡田准一を猛口撃。現在は元妻の宮崎に対しても牙をむき、話題となっている。

 モデルの冨永愛、料理研究家・園山真希絵との"二股交際"で一躍時の人となった塩谷瞬も、元スターダスト所属。退社に経緯については「ほかの女性タレントに手を出した」や「売れてもないのに仕事に対する注文が多く、事実上のクビ宣告をされた」など諸説あるが、今のところ定かでなはい。二股騒動以降、テレビに出まくり、理解不能な恋愛論を繰り広げている園山は現在もスターダストに所属している。

 そして"真打ち"は沢尻エリカだ。「映画で演じた役が抜けない」と休養宣言したかと思えば、直後に"大麻疑惑"が浮上。「週刊文春」(文藝春秋)によると、2009年に所属事務所を解雇された際の理由が、抜き打ちの薬物検査における「陽性反応」だったというのだ。

 同誌には、沢尻本人が「大麻の使用を止めることができない旨を表明した」と明記された通知書も掲載された。

「現在の沢尻の担当者は『なんであんな極秘書類が流出するんだ!』と激怒していましたよ」(芸能プロ関係者)

 高岡に塩谷&園山、そして沢尻......。なぜスターダストタレントは、こうも"問題児"ばかりなのか? スポーツ紙記者は「ダストはプライベートに寛容な事務所で、マネジャーも口を挟まない。そればかりか、マネジャーはタレントに絶対服従。個性を伸ばすためとはいえ、それが"勘違い"を引き起こしている」と話す。

 ワイドショー関係者も続ける。

「ダストの社長はこれまで何十人ものスターを世に送り出してきたが、ある人が才能を見極めるコツについて聞いたところ『性格が悪い子』と答えたそうです。確かにこの業界は、真面目な人より、ひねくれた子のほうがブレイクする傾向にありますが...」

 さらに、ある人物は元ダストタレントのスキャンダルが過熱する背景について次のように証言する。

「ダストは身内のことは体を張って守るが、辞めた人間に対しては容赦ない。高岡や沢尻のスキャンダルの時は、懇意にしている媒体に『あいつムカつくんですよ。実はこんな話もあるんですよ』と、火に油を注いだりもしていました」

 多くの人気役者を輩出すると同時に、ゴシップタレントも生み出すスターダストから、ある意味目が離せない!?


【関連記事】

「なぜ誰も抗議しないのか──」沢尻エリカ"大麻中毒"報道に一同沈黙の怪

大麻疑惑噴出の沢尻エリカに"もうひとつの爆弾発言"「セックスは......」

配給会社は倒産、出演者にはトラブル続発──映画『パッチギ!』の呪いとは!?

「キャストも原作も!」スターダストの超ゴリ押しドラマ『聖なる怪物たち』が大コケ中

「有名人は、すぐ店に誘う」冨永愛と親友ではなかった園山真希絵"二股騒動"に乗じた売名戦略の行方

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング