1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

「一般コミックでも大丈夫......じゃなかった!」不健全図書指定された『ぽちとご主人様』の顛末

日刊サイゾー / 2012年10月11日 8時0分

写真

「大丈夫!アスキー・メディアワークスの一般コミックだよ!」

 8月、都内の書店で販売されたある単行本に、こんなPOPがつけられていた。POPが意味するのは、出版社側が18歳未満への販売を自主規制する「成年コミックマーク」をつけていない=すなわち小学生でも購入できるということだ。

 その単行本が、綾乃れな著『ぽちとご主人様』(アスキー・メディアワークス)だ。書店のPOPは「大丈夫!」と銘打っていたにもかかわらず、東京都は、9月の東京都青少年健全育成審議会に、この本を提出。参加した委員から「指定やむなし」という多数意見を得て、不健全図書に指定された。

 この作品は、SkyFish pocoが発行する同名の美少女ゲームをコミカライズしたもので、アスキー・メディアワークスが発行する雑誌「電撃HIME」などに連載されていた。ドエスな主人公と幼なじみが互いの親の婚約によって兄妹になってしまうが、幼なじみは主人公のペットになることを提案するという物語だ。

 東京都青少年課は、この単行本を不健全図書の候補として審議会に挙げた理由を次のように語る。

「従来の基準に従って、精液や擬音から卑わい性があると判断しました」(都青少年課の佐藤久光課長)

 審議会の前に自主規制団体から意見を聞く、諮問候補図書に関する打ち合わせ会では(昨年改定施行された条例で追加された指定基準である)近親相姦描写についても、規制に該当するという意見が出たが、都側は「あくまで新基準は従来の基準では指定対象にならない場合に用いるもの」として、採用しなかった。都は、あくまで問題なのは作品中の描写の「卑わい性」だというわけだ。

 そもそも「卑わい性」とは、非常に曖昧な概念である。資料によれば、この作品は、条例を運用するために定めている施行規則に記された基準のうち、第15条第1項第一号イ・ロの部分に該当しているとされる。その基準は、次のようなものである。

「イ 全裸若しくは半裸又はこれらに近い状態の姿態を描写することにより、卑わいな感じを与え、又は人格を否定する性的行為を容易に連想させるものであること。

ロ 性的行為を露骨に描写し、又は表現することにより、卑猥な感じを与え、又は人格を否定する性的行為を容易に連想させるものであること」

 この基準も「一体どこまで描写したらアウトなのか」判然としない、極めて曖昧なものだ。となると、恣意的に決めているのではないかという疑念が湧くが、少なくとも今回に限っては反論が難しい。というのも、この作品が連載されていた「電撃HIME」が、表紙に成年向けマークを表示した雑誌だからだ。

 出版社が雑誌・単行本の表紙に「18禁」、あるいは「成年向け」のマークを印刷する自主規制の目的は、過激な表現を扱っていることを示し、書店に18禁コーナーなど子どもの手には届かない場所で販売することを促すもの。

 つまり、過激で子どもが買ってはいけない内容であることを出版社が自覚している雑誌で連載していた作品なのに、単行本になったら子どもでも買える珍妙な現象が起きてしまったというわけだ。

 「電撃HIME」に連載された作品は、青年向けコミックレーベル「電撃ジャパンコミックス」として販売されている。「電撃HIME」で連載された作品は、ほかにも単行本化されているが、いずれも黄色い楕円の自主規制マーク「成年向けコミック」マークはつけていない。アスキー・メディアワークスが、マークをつけなかった理由はなんなのだろうか。

「今回のコミックスの内容は、不健全図書指定を受けるような水準ではないという判断をしてしまいました」

と、同社の担当者は話す。東京都が不健全図書指定の候補に挙げる判断をする基準として「擬音と体液の量」を重視していることは、同社も知っていたと話す。また、日本雑誌協会には角川グループパブリッシング(角川グループの各出版社の発売元)が加盟しており、規制問題に関する情報はきちんと入手しているという。

 実のところ、今回の一件を同社の「ミス」と責めるのは酷である。というのも、この作品で扱われている描写は、かなり微妙なラインなのだ。成年向けマークつきの雑誌・単行本も含めて、昨今のエロ描写強めの作品に日常的に触れていると、この描写で指定を受けるか否か? あるいは、マークなしでも大丈夫か否かの判断は、迷うところだ。

「今後は、同様の指定を再度受けないような表現内容の基準を設けるなど対応したいと思います」

という同社担当者の言葉からは、大手出版社ならではの責任感が感じられる。

 あくまで推測にすぎないが、もし描かれているのが成人女性だったら、指定を受けていたかは微妙なところである。やはり、指定候補の雑誌・単行本を買い集める都の職員、審議会のメンバー構成を考えると、ロリ表現は、悪い意味で下駄を履かされる面が否めない。

 また、この作品の場合は冒頭で触れた書店のPOPのように、平積みされて非常に目立っていたことも、指定候補に挙げられた理由ではないかと考えられる。指定候補の雑誌・単行本は、都の職員が実店舗を回って購入するスタイルだ。この作品は、良くも悪くも目立ったがために、指定に至ったとも見ることができる。今年は創立20周年を迎え、長く日本のオタク文化を牽引してきた同社には、今回のことで萎縮することなく、読者を驚かせる表現を追求してほしいものだ。


■不健全図書指定後も区分陳列しない書店が


 一方で『ぽちとご主人様』は、予想を超えたあり得ない問題を引き起こしていた。それは、多くの書店で不健全図書に指定された後も、必要な対応が取られていなかったことだ。

 『ぽちとご主人様』が不健全図書指定された審議会が開催されたのは、9月10日。翌11日には報道発表がなされ、14日には都からの通達も行われた。

 不健全図書指定された場合、指定を受けた雑誌・単行本を店頭で販売する際に書店は、包装した上で18禁コーナーに区分陳列し、18歳未満には売らない措置を取らなければならない。

 ところが、9月26日に秋葉原の書店をめぐってみたところ、なおも全年齢向けの書棚に、ほかの「電撃ジャパンコミックス」レーベルの単行本と一緒に並べられていたので驚いた! 早速、本を手に取って、店員に「これは、18禁じゃないのか?」と聞いたところ、きょとんとしながら

「いえ、一応大丈夫です」

と、返された。一体、何が大丈夫なのだろうか? もしや、石原都政に対する新たな挑戦なのかと、この書店に取材してみたところ、驚きの回答が返ってきた。

 東京都では9月14日に郵送で通知をしたというのだが、この書店では

「当社及び秋葉原店を含めた当社各店舗への東京都からの通知の到達が確認できておらず、現在、事実関係につき調査中です」

というのだ。

 早速、前出の都青少年課の佐藤課長に再度問い合わせてみたところ、

「正直、100%すべての書店に通知を発送できてはいないと思います」

と、これまた驚きの答えが。佐藤課長は続ける。

「東京都でも電話帳などで確認して随時更新をしておりますが、書店は登録制の事業ではないため、若干反映しきれていないところもあります。書店組合などに加盟していれば、そういった団体を通じて別途、通達が行っていると思うのですが......」

 てっきり「届いてないハズがない」と反論されるかと思いきや、予想外の自信のない回答だった。だが、この書店は別件で取材した際に、東京都からも立ち入り調査を受けて「ちゃんと年齢区分していて問題がない」と太鼓判を押されたこともあると話していたのだが......真相は藪の中である。

 ただこの書店も、当惑しつつも

「直ちに全年齢向けコーナーでの陳列を中止し、条例に適した陳列・販売方法への変更を行っていきます。また、現時点では、18歳未満のお客様がご購入された事実は確認できておりません」

と、対応は真摯であったことを、付け加えておきたい。

 不健全図書指定が決まった後の運用に、若干の漏れがあることが明らかになってしまった今回の一件。全体を総括する中で見えてくるのは、表現が多様化する中で18禁と全年齢を区分するだけの、自主規制ができなくなってきていることだ。そろそろ、本気で15禁の導入など、あくまで自主規制としてレーティングを細分化する必要性が出てきているのではなかろうか。インターネットも普及し、いつでもどこでもエロを手に入れることができるようになった昨今、ちょっとは少年少女にも、エロを手に入れる苦労とドキドキ感を味合わせたほうがよい。
(取材・文=昼間たかし)


【関連記事】

「知事による廃棄命令は!?」ついに発動された、"日本一番厳しい児童ポルノ規制条例"

「非実在青少年」騒動はなんだったのか? "消していれば大丈夫"という判断をした青林堂の甘さ

危機感ゼロの無知すぎるマンガ編集者が、新たな規制を呼び込む!? 東京都「不健全図書」の最新事情

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング