マルサの強制調査に追い詰められたGACKT──次の焦点は"黒い交際"か!?

日刊サイゾー / 2012年9月11日 8時0分

写真

 去る8月28日早朝、歌手のGACKTの自宅と事務所に東京国税局が強制捜査に入ったと「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新潮」(新潮社)が報じ、波紋を広げている。これに先立って日刊サイゾーが、強制調査の直前より右翼の街宣車が連日GACKT宅に押しかけていることを報じたほか(http://www.cyzo.com/2012/09/post_11358.html
)、「文春」は"黒いカネ"が動いた背景事情として、GACKTにカナダ・バンクーバー在住の愛人と隠し子がおり、相当額を仕送りしているらしいこともスクープしている。

 こうした中、GACKTと"闇の紳士"たちとの黒い関係も浮上している。「文春」では、トラブルを起こして沖縄などに逃亡するたびに、新たな"ケツ持ち"を見つけて芸能界にカムバックするGACKTの行動パターンが描かれているが、ある音楽関係者A氏によれば、最近までケツ持ちを務めていたのは、関西系有力組織の幹部だったという。以前、GACKTの誕生パーティーに出席したA氏が打ち明ける。

「パーティー会場には有名女優やタレントが数人いたのですが、ほかはすべて一見でスジ者とわかる人たちでした。中でもGACKTの兄弟分と称する人物と、彼のボスに当たる幹部の3人で、とても親しくしていましたね。彼らは数年間にわたってGACKTを守ってきたのですが、兄弟分が服役したこともあり、幹部とGACKTとの関係は急速に悪化したと聞いています」

 "ケツ持ち"との関係悪化が、GACKTを金欠状態に追いやり、今回のマルサ強制調査や右翼の街宣活動の遠因となったのではないか――。現時点ではそうした因果関係は推測の域を出ないが、ここ数年のGACKTが事業の失敗や音楽活動の低迷、タニマチとの関係悪化などで苦境に追い込まれていたのは確かだ。

「GACKTといえば、大手美容チェーンの女性オーナーが金銭的なサポートをしていたことが知られています。しかし度重なる事業の失敗や、複雑な女性関係に愛想を尽かされ、女性オーナーによるサポート送金がストップ。穴を埋めるべく俳優業などに精を出しましたが、音楽ほどの実績は残せていません。所得はせいぜい数千万円レベルと見られ、事務所運営費用などを差っ引くと、実収入はサラリーマンに毛が生えた程度と推測できます。自らが喧伝するような豪華な生活を維持するには、通常の稼ぎではとても足りなかったでしょう」(別の音楽関係者)

 約2年前に大手レコード会社エイベックスに移籍したものの、CDの販売不振もあり、音楽活動よりも俳優業に力を注ぐGACKT。しかし昨今のテレビ局が、音楽業界以上に"黒い交際"や"黒いカネ"に厳しいのは言うまでもない。身の潔白を証明できなければ、GACKTの前途は非常に厳しいものとなりそうだ。
(文=関根史人)


【関連記事】

「相手はカナダ在住の元タレント?」マルサ強制調査のGACKTに、今度は"隠し子"疑惑

「自宅にも関係先にも......」GACKT周辺に国税局と右翼の街宣車が押しかけている!

「写真がキレイ過ぎ!?」ぜんぜん盛り上がらないGACKTとICONIQの熱愛報道

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング