あっちゃん卒業でAKB48に異変! 古参メンバーの生存競争・グループ若返りが始まる!?

日刊サイゾー / 2012年9月12日 8時0分

写真

 "不動のセンター"前田敦子が卒業したことで、AKB48に微かな異変が生じている。事情を知る人物が語る。

「東京ドーム公演の成功とあっちゃんの卒業で、AKB48の歴史にひと区切りついたことは間違いない。そのタイミングで、古くからのファンが離れていっている事実もある。現在、プロデューサーの秋元康さんが"次なる一手"を熟考中。なかなか妙案は思いつかないそうですが、"若返り"というキーワードは頭の中にあるようです」

 そうなった時に困るのが"中間世代"だ。先日のドーム公演初日でチーム間の大規模シャッフルが行われ、地方組や研究生の昇格が発表された。一方で、今年の選抜総選挙11位の宮澤佐江が中国・上海を拠点とする「SNH48」へ、同17位の高城亜樹がインドネシア・ジャカルタの「JKT48」に移籍することが発表されたが、その裏にはやむにやまれぬ事情もあるという。

「今のAKB48で安泰なのは、"神7"と呼ばれる上位7人くらいのもの。それ以下の子は、今後どうなるかわからない。宮澤も高城も中途半端なポジションな上、女優やタレントとして独り立ちしているわけではない。年齢も20歳をオーバーしている。今後、AKB48が若返りを図った時、真っ先にリストラされるのがこの世代。本人にしてみれば海外移籍は本意ではないでしょうが、今後のことを考えると、ここで1発、目立つ必要があった」(芸能プロ関係者)

 秋元氏の頭の中にも"若返り"というキーワードがあるだけに、なおのことだ。あっちゃんの卒業を機に、古参メンバーの"生き残り"をめぐる争いがスタートしたようだ。


【関連記事】

「非協力的すぎた......」文藝春秋のAKB48公式本が大コケで、週刊文春からスキャンダルが噴出する!?

「AKBマネーで口封じ!?」AKB48公式本の版元がスクープ連発の「文春」文藝春秋社に内定

「えーっと......」ドーム公演で見せたAKB48大島優子のニューヘアに、ファンは激しく戸惑い中

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング