"ホタテマン"逝く 安岡力也の男気あふれる一生

日刊サイゾー / 2012年4月13日 8時0分

写真

 俳優の安岡力也さんが4月8日、病魔との闘いに力尽きて心不全のために死去。享年65歳の若さだった。

 力也さんとはよく遊んだ。彼と知り合ったのは25年ほど前。筆者が応援している札幌在住の演歌歌手で、道内の刑務所で受刑者にカラオケ指導を続けている篤志面接員(刑務所内で受刑者をサポートするボランティア)の二美仁に会ってもらうためだった。当初は、力也さんが所属していた芸能事務所のオーナーが筆者と同行する予定だったが、急用ができたために代理として来たのが力也さんだった。

 羽田空港に現れた力也さんは、急に同行することになったために着の身着のまま。2月だというのにコートすら着ていなかった。その格好で極寒の札幌で耐えられるかと心配だった。だが、そんな小さなことなどまったく気にしない性格の力也さんとは、会ってすぐに意気投合し、札幌の夜を満喫した。この時、酔った勢いで筆者が「本当にケンカ強いの?」と力也さんを挑発。すると彼は、筆者をひょいと持ち上げ、雪の中に思いきり放り投げた。ウワサ通り、強かった。

 用事が済んだ次の日、2人で登別温泉へ遊びに行った。深夜、露天風呂に入ったはいいが、あまりの寒さに、出るに出られない。頭に雪が降り積もる。翌日、2人とも風邪を引いて、辛い思いで東京に戻ったことをいまだに忘れない。力也さんとは別れ際に「今度、銀座で飲もう」と約束。しばらくたってから、銀座のクラブで飲んだ。そこで、力也さんの意外な一面を見せられた。

 付いたホステスに一目惚れした力也さんは、執拗に口説いたのだ。ホステスは「今日は生理だからダメ」とやんわり断った。後日、力也さんから、同じクラブに誘われた。「あのホステスの生理が終わった頃だろうから、再チャレンジしに行く」と言うのだ。力也さんは、「お前のマンションに行きたい」とホステスを口説いたが、今度は「田舎から母親が来てる」と断られた。

 「生理」と言われた時点で、残念ながらフラれたことに気がつくと思ったが、純粋な力也さんはマジに惚れたのかもしれない。案の定、3度目のアタックを試みた。すると、ホステスは生半可な言い訳では通じないと思ったのか、「実は私、格闘家のMさんと付き合っているの」と言ったのだ。Mとは、有名なプロレスラー兼格闘家だった。ホステスの話がウソか真かわからないが、力也さんはその言葉を鵜呑みにして、「Mとは親友。親友の女を口説くわけにはいかない」と引き下がった。力也さんの優しく、男気ある一面を見た思いがした。

 力也さんと最後に会ったのは、7~8年前。月刊誌「サイゾー」のインタビューをコーディネイトした時だった。その直後から、病魔との闘いは始まったようだが、豪放磊落な力也さんらしく、最後まで弱音を吐くことはなかったという。酒と食と女をこよなく愛した力也さんに合掌!
(文=本多圭)

※画像は『豪快さん~嵐のカツ丼』


【関連記事】

「芸能界には戻らない」ついに収監された押尾学 出所後に待ち受けるのは遺族による民事訴訟

「田原俊彦の二の舞か......」赤西仁 コンサート中止は芸能界追放への布石か

2度スピード違反のキムタクをCM起用し続けたトヨタの"自殺行為"

所属事務所が大混乱の小池栄子 エイベックスに移籍希望するも断られていた

大物タニマチ逮捕で芸能界激震! 暴力団関係者との"密接交際"が暴かれる!?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング