「CM露出は1位だけれど......」上半期ランキングに見る"女王"上戸彩の凋落と武井・剛力時代の幕開け

日刊サイゾー / 2012年8月13日 8時0分

写真

 8日に発表された今年上半期のテレビCM露出秒数ランキングで、上戸彩が1位を獲得。昨年の年間ランキングに続いて、またしてもCM女王の座を手に入れた。

 また2位に武井咲、4位には剛力彩芽が入り、上位5人中3人をオスカープロモーションが占めるという結果に。伸び盛りの後輩を抑えて1位をキープした上戸が強さを見せつけた形になったが、広告業界では、すでに上戸の天下は終わっていると見る向きもあるのだという。

「この上戸の1位にはカラクリがあって、要するに上戸がCM出演しているソフトバンクが一企業でむちゃくちゃな量のCMを打っているということなんです。その証拠に、同じCMシリーズに出演している樋口可南子が7位、ダンテ・カーヴァーが10位に入っています。この2人が、AKB48の篠田麻里子や小嶋陽菜より上にランクされているのですから、いかにソフトバンクCMの放送量が突出しているか分かりますよ」(広告代理店関係者)

 つまり、上戸の1位はソフトバンク1社の貢献によって支えられているだけで、より多くの業種・企業からオファーのある武井や剛力のほうが、広告業界での価値は上ということだ。

「昨年の年間ランキングでは、若手俳優の大和田健介がACジャパンのCMだけで、上戸に次ぐ2位に入っています。金のある企業が大量の広告を打てば、たまたま出演しているタレントが上位に来ることになる。この露出ランキングで、広告タレントとしての価値や需要を測ることはできませんよ」(同)

 昨今では出演ドラマの視聴率も奮わない上戸だが、"CM女王"の座もそろそろ危ういかもしれない。

※画像は『上戸彩 20・25』(角川マーケティング)


【関連記事】

「ドラマの視聴率にも影響?」武井咲、剛力彩芽......"ゴリ押し"が嫌われるワケ

武井咲、忽那汐里、剛力彩芽――ブレイク「3人娘」の知られざる売り出し戦略とは?

「なんで、あんな子使ってんのよ!」"新・エリカ様"戸田恵梨香が武井咲に激怒

キスマイ&剛力ドラマ『ビギナーズ!』初回は1ケタ......次世代ジャニーズは数字が取れない!?

「"お役御免"の上戸彩、もうすぐ結婚発表か!?」ソフトバンクの新CMが意味深すぎる

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング