「嵐の顔だったのに......」松潤、人気低迷の原因は『花男』!?

日刊サイゾー / 2012年6月17日 8時0分

 一部では「人気に陰り」と見る向きもあるが、いまだにCDは売れるし、テレビでの露出も多く、人気者の嵐。「日経エンタテインメント!」(日経BP社)6月号で発表された第5回「タレントパワーランキング」でも、1位を獲得したのは「嵐」だった。

 だが、その一方で不思議なのは、かつて嵐の「顔」であり、エース的存在だった松潤(松本潤)の人気が低迷しているように見えること。

 先述の「タレントパワーランキング」では、嵐のメンバーは以下の順位となっている。

15位 櫻井翔(嵐)
28位 相葉雅紀(嵐)
30位 大野智(嵐)
31位 二宮和也(嵐)
41位 松本潤(嵐)

 また、ビデオリサーチ「テレビタレントイメージ2012年2月度調査」の「男性タレント人気度上位50」においても、15位「相葉」、22位「櫻井」、32位「大野」、42位「二宮」で、松潤は圏外になっているのだ。

 また、膨大な雑誌の専門図書館「大宅壮一文庫」での2011年年間人名索引ランキングでも、10位「櫻井」、12位「二宮」、13位「大野」、14位「相葉」となっており、松潤は50位以内に入っていない。大宅壮一文庫は、ジャーナリストやライター、マスコミ関係者等が多く利用する場所だけに、業界関係者の注目度が低いということは言えるようだ。

 ちなみに、アイドル誌ウォッチャーによると「投稿欄に登場する似顔絵やお便りでも、最も登場するのは櫻井で、次いで相葉、大野、二宮が同程度、松潤はほとんど見ない」そうだ。

 グループ内のメンバーの人気順位は、そのときのドラマの影響や露出度に左右されることが多いもの。それにしても、なぜかつては一番人気だった松潤が下位になってしまったのだろうか。ジャニーズに詳しい編集者は言う。

「松潤は、大ヒットした『花より男子』のイメージが強すぎて、それがアダになってしまっている面があると思います。同じような役をやれば『全部一緒』と言われるし、最近のドラマでは一般視聴者から『演技下手すぎ』などのツイートが続出してしまっていました。本当は、映画『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』で見せた風変わりな"ボン"などが非常に上手だったんですけど......。また、松潤のファンは『花より男子』ブームで飛びついた"にわかファン"も多かっただけに、今は離れてしまっているのかもしれません」

 また、あるテレビ関係者は言う。

「松潤はかつてオシャレさんなイメージがあって、『カッコいい』担当だったはずなんですが、『ひみつの嵐ちゃん!』(TBS系)のファッション企画『マネキンファイブ』での惨敗が続きすぎて、『ホントにオシャレ?』『ホントにカッコいいの?』と視聴者が疑問を感じてしまった影響もあるのではないでしょうか。いつの間にかオチ担当になっていますが、ちっともオイシくない。また、かつて一部で"ウッズ病"と報じられた『花より男子』つながりの小栗旬との交友関係もよく知られていますが、小栗人気の低迷に引っ張られるように、合コンなどのウワサが出回るなど、好感度を下げてしまったところもあるのではないかと思います」

 一時の人気がすごかっただけに、にわかファンが離れたこと、マスコミ的注目度が落ち着いてしまった影響は大きいだろうが、そろそろかつてのエースに『花より男子』のイメージを払拭する次のヒット作が欲しいところなのかも。


【関連記事】

各メンバーの主演最新作は軒並み好調 嵐‟ドラマ視聴率王"はやっぱりニノ?

「実力派の草なぎ?」「やっぱりキムタク?」SMAPドラマ視聴率王は誰だ!?

「SMAPには、なれなかった......」人気がピークアウトした嵐の不安な今後

「モデルは名物女性マネジャー?」ジャニーズとTBSの完全癒着ドラマ『パパドル!』

「50億円はアジア展開への宣伝費!?」ジャニーズ"自腹"でもパンダ招致の狙い

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング