1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

秋クールドラマ総決算!米倉涼子『ドクターX』と“不快すぎる”『純と愛』が快進撃を果たした理由とは

日刊サイゾー / 2013年1月5日 12時0分

写真

 『高校入試』『Piece』が年末に最終回を迎え、視聴率が出揃った10月クールの連ドラ。

 いささか地味なメンツが揃ってしまった印象の前クールでは、『連続テレビ小説 梅ちゃん先生』(NHK)の独走状態となったが、今期の結果やいかに? ランキング形式で振り返っていきたい。


■ラブホが登場する連続テレビ小説に「家族で見れない!」

 まず、平均視聴率のトップ10は以下の通り(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

1位『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)19.1%
2位『連続テレビ小説 純と愛』(NHK、~12月15日放送分)18.2%
3位『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(フジテレビ系)17.7%
4位『相棒 season11』(テレビ朝日系、~12月19日放送分)16.5%
5位『MONSTERS』(TBS系)11.9%
6位『結婚しない』(フジテレビ系)11.8%
7位『悪夢ちゃん』(日本テレビ系)11.5%
8位『匿名探偵』(テレビ朝日系)10.5%
9位『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』(フジテレビ系)10.2%
10位『捜査地図の女』(テレビ朝日系)10.1%

 トップは、『ハケンの品格』(日本テレビ系)の中園ミホが脚本を手掛けた、米倉涼子主演『ドクターX ~外科医・大門未知子~』。最終回は平均視聴率24.4%、瞬間最高視聴率29.8%をたたき出した。

 制作者サイドもここまでのヒットは予想外であったことを明かしており、ドラマ批評家たちもこぞってヒットの理由を分析。「フリーランスの女医は、現代のノマドブームにハマッた」などと様々な理由を挙げているが、何より米倉がハマリ役であったことが最大の理由ではないだろうか。

 だが、満足感の高い視聴者が多い中で「打ち切りみたいな最終回だった」などと最終回に不満を漏らす視聴者も多い。要素も伏線も厚めな作品なだけに、全8話に詰め込むのは窮屈だったのかもしれない。

 2位は、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)などヒットを仕掛けてきた遊川和彦氏が脚本を手掛ける『連続テレビ小説 純と愛』。スタート当初、嘔吐物を処理するシーンや、子供がうんこを漏らすシーンに「朝食の時間帯なのに……」と不快感を訴える視聴者が続出。ヒロイン(夏菜)の性格に対しても、「元気をもらえる」という視聴者がいる一方で、「自己主張の強さが朝からうっとうしい」という意見も多く、相変わらずヒロインへの風当たりは強い。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング