ボクシング王者・井岡とソンミの熱愛報道に見る“在日コミュニティ”のしたたか政略

日刊サイゾー / 2013年1月18日 11時0分

写真

 プロボクシング2階級制覇、井岡一翔が超セレブタレントのソンミと交際していることが報じられた。16日発売の東京スポーツには、両者の親密ぶりが分かるツーショット写真も掲載された。

 記事では2人が知り合ったのは昨年8月、フジテレビ『ネプリーグ』での共演がきっかけだったとされているが、実は井岡の関係者からは番組出演前から顔見知りだったという話も出ている。

「知っての通りソンミは在日韓国人4世で、在日韓国人たちが集うコミュニティから応援されてきたタレントさん。井岡選手はジムの会長で叔父でもある元世界王者の井岡弘樹さんの代から、そうしたコミュニティと付き合いがありましたからね。弘樹さんは大阪の桃谷高校出身。この学校は韓国語コースがあり、在日コリアンの高卒資格取得校としても有名。また、日本で初めて韓国に修学旅行に行ったことでも知られている。そのため、韓国選手との世界戦も多かったんです」(2人を知る人物)

 ‟在日ネットワーク”とも呼ばれる在日韓国人のつながりは、特に有名人同士で強く、例えば韓国から来日するタレントをバックアップしていることでも知られる。

 ソンミもまた在日ネットワークの支援を受けてきたひとりで、仲間内での食事代もそうした面々が支払っていたとする目撃談もある。父親がマカオのカジノ王、これまで小銭で買い物をしたことがないと公言するほどの超お嬢様タレントのソンミだが、過去に私生活では彼氏ができても父親がSPにガードさせて強引に破局させられたというエピソードもあった。前出関係者によると「今回はそういった妨害は何もなかった」という。

 何しろ井岡は、大みそかに国内最速で世界2階級制覇を成し遂げたボクシング界のスーパールーキー。さすがの父親も“娘にふさわしい大物を釣り上げた”といったところかもしれない。

 ただ、年が明けて早々に出た熱愛スクープには“両サイド”の思惑が見え隠れすると語る芸能記者もいる。

「記者が話をキャッチしたのは昨年のはずで、本来なら大みそかにやった井岡の試合前のほうが話題になったはず。まるで試合の邪魔にならないよう配慮しているのは、日ごろボクシングと付き合いのあるスポーツ紙らしいやり方で、井岡サイドと合意の上で出たものに違いない。ソンミのほうも、金持ち話以外に売りがなく人気は伸び悩んでいたが、一躍知名度アップ。これならソンミのお父さんも納得でしょう。一説には、お父さんが今後、娘の彼氏の世界タイトルマッチ興行を支援しようか、という話まで出ているそうですから」(週刊誌記者)

 井岡の有力後援者は過去「4階級を制覇するまで、女性ファンが離れる結婚はするな」と井岡にきつく言い渡していたというが、前出関係者によると、意外にも井岡本人は「僕の試合を見てもらえればファンは減らない。試合に集中できるから、早く結婚してもいい」というような話を周囲にしていたという。これはソンミ側も同様で、所属事務所の関係者も「もともと男性ファンを狙っていない。彼女は歌唱力がズバ抜けていて、知名度が上がったら歌手デビューさせたい。井岡の妻として彼を支えるような歌なら、多くの人に共感してもらえるはず」と早婚に障害なしといった風だ。

 電撃入籍があれば、まるで政略結婚。WIN・WINの関係を築きそうなカップルだ。
(文=鈴木雅久)


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング