中共に使い捨てにされた!? 尖閣上陸の香港活動家が続々逮捕の謎

日刊サイゾー / 2013年2月9日 9時0分

写真


 昨年8月15日、香港の民間団体「保釣(釣魚島防衛)行動委員会」のメンバーが尖閣諸島に上陸。香港や中国で英雄扱いを受けた彼らだったが、最近、不遇な出来事が相次いでいる。

 尖閣諸島に上陸を果たした5人のうちのひとりで、社会活動家の古思堯が2月7日、香港の裁判所から禁固9カ月の実刑判決を受けた。尖閣上陸以前の昨年6月に、香港で行われた中国の民主活動家の追悼集会で中国旗を燃やした罪を問われたのだ。

 一方、1月11日には、抗議船に乗船し、上陸した活動家とともに海上保安庁に逮捕された漁民の張偉民が、昨年7月に女子公衆トイレを盗撮した罪で、禁固30日の有罪判決を受けている。抗議船で尖閣に向かった時は、保釈中の身であったということだ。

 さらに1月25日には、彼らに資金援助していたスポンサーにも警察の手が及んだ。香港の起業家で、全国政協委の香港区選出委員でもある劉夢熊が、企業経営に絡む不正の疑いで逮捕されたのだ。彼は、尖閣の領有問題に関する運動に対し、過去16年で4,000万円以上を資金援助しており、 尖閣上陸に際しても約1,000万円を提供した人物だ。

 尖閣上陸に関わった人々が次々と逮捕される事態に、香港や中国のネット上では「彼らの存在を煙たく感じる者に抹殺されようとしている」「中共に使い捨てにされたのでは?」などといった陰謀論も出ている。

 もともと保釣行動委員会が、有象無象による烏合の衆だっただけ、という気もするが……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング