「ジモンさんが……」ダチョウ倶楽部“3人そろって”レギュラーゼロの意外なワケ

日刊サイゾー / 2013年2月13日 11時0分

 現在のバラエティ番組には欠かせない存在のダチョウ倶楽部。個々でも多くの番組に出演しているのだが、不思議とトリオとしてのレギュラー番組は現在ゼロ。その理由を、あるバラエティスタッフが話す。

「要は、3人いたら大変だということですよ。問題は、番組がじゃなくて、その前です。番組ではほかのタレントさんや司会の人がいるからいいのですが、楽屋にはいないでしょ? そこで、かなり面倒なことが起こるんですよ。だいたい、その中心にいるのはジモンさんなんですけどね」

 また、実際にその場面に遭遇したあるテレビ局関係者によると、

「電話をしているマネジャーに、ジモンさんが話しかけたんです。まあそれも、そもそもあり得ないですよね(苦笑)。で、ジモンさんが『お前、何をしてるんだ!』って突然怒鳴りだして。マネジャーも『仕事の打ち合わせで』って電話口を押さえながら返事をすると、『そんなの後でいいだろ! こっちは3人いるんだぞ!』ってワケの分からない返しをしていました。そのとき、肥後さんと上島さんは“またか”って顔で知らんふりをしていましたけどね」

 そういった理不尽なやりとりがどこの現場でも見られるというから、穏やかではない。

「肥後さんは一応“リーダー”なんですけど、最近のジモンさんは手に負えないみたいで、結構スルーしているんですよね。それで、その矛先が全部マネジャーとかスタッフに向かってくるんで大変なんです。マネジャーにも『3人そろったら大変だね』って話をしてますよ。志村けんさんの番組だとそういったことはないんですけど、それ以外だと結構、目につくことが多いですね」(前出・バラエティスタッフ)

 3人そろってこその「ダチョウ倶楽部」なのだが……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング