『アイアンシェフ』の大コケ・打ち切りで、フジテレビ次期社長戦線に激震が!?「大多亮か亀山千広か──」

日刊サイゾー / 2013年2月14日 9時0分

写真

「2013年は大企業のトップが交代すると言われている年ですが、フジテレビもその一つ。実際、社内でも“大多派”か“亀山派”かということが話題になっていますよ」(フジテレビ関係者)

 3期6年の改選期にあたる今年、フジテレビでは豊田皓社長の交代に向けての動きが水面下で活発化してきたというのだ。

「広告の出稿量も減り、視聴率三冠王も日テレに奪われ、テレ朝にまで視聴率を抜かれ、“振り向けばテレビ東京”の現状ですから、社長交代にはいろいろな材料が揃いすぎてますよ」(経済誌記者)

 そんな中、前出のフジテレビ関係者が語るように、どうやら後任人事は大多亮、亀山千広の2人に絞られているそうだ。

「候補者の一人、大多さんは『東京ラブストーリー』など数々のトレンディードラマを手がけた“エースプロデューサー”で、昨年6月に常務取締役になりました。でも、その後手がけた『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』『アイアンシェフ』が大惨敗。特に『アイアンシェフ』は、大みそかで大コケして大赤字を出したまま、打ち切りが決定しました」(テレビ局関係者)

 一方の亀山千広といえば、同じくドラマ路線で『あすなろ白書』や『ロングバケーション』、そして『踊る大捜査線』などをヒットさせてきた。

「それだけじゃなくて、ドラマから映画化してヒットさせたり、『海猿』シリーズや『テルマエ・ロマエ』などもヒットさせてますし、社に対する貢献度だけなら亀山さんのほうが上じゃないでしょうか」(前出・フジテレビ関係者)

 それを象徴するかのように、フジテレビの持ち株会社であるフジ・メディア・ホールディングスがベンチャーキャピタル事業会社として設立した「フジ・スタートアップ・ベンチャーズ」の新社長に、亀山氏が就任した。

「一見、畑違いのところの社長なので、フジの後継者からは遠のいたのかなと思われますが、ここで最終的な判断がなされるんじゃないでしょうか。少なくとも現場レベルでは、大多さんよりは亀山さんのほうがいいという声は多いですね。俳優さんたちの間でも『大多さんは、売れている人にしか興味ない』とか『人によって態度が全然違う』と、あまり評判はよくないですね。一方の亀山さんは、そういった話は聞かないですからね。大多さんはすでに『アイアンシェフ』で大失敗していますし、亀山さんがこの新会社をコケさせなければ、出世レースは決まったようなものですよ」(同)

 まさに筋書きのない“ドラマ”が、今始まろうとしている。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング