「それでも実質現役トップ」嵐の新曲、初動70万枚のカラクリは久しぶりの“3形態”

日刊サイゾー / 2013年3月13日 9時0分

 ジャニーズの5人組グループ・嵐の新曲「Calling/Breathless」が初週で75.6万枚を売り上げ、3月18日付のオリコン週間ランキングのトップに躍り出た。デビュー14年目の嵐にとって、初動の売り上げとしては過去最高となり、ジャニーズとしても06年のKAT-TUN「Real Face」以来、7年ぶりの70万オーバーとなった。

「今回のシングルは『両A面』という位置付けで、嵐にとって久しぶりの“3形態”での発売となりました。嵐が3形態でシングルを発売するのは2009年5月の『明日の記憶/Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~』以来になります。その後は『初回盤と通常盤』という2形態で販売してきましたが、それでも初動で50万前後をキープしてきた。今回は3形態で75万ですから、計算はピタリと合います」(ジャニーズに詳しい週刊誌記者)

 現在、ジャニーズの中で最も安定した売り上げを誇るのが嵐。昨年のオリコン年間ランキングでも、AKB48グループを除けば唯一ベスト10圏内に2曲をランクさせており、「実質的には現役トップ」と評する声もある。

「CD業界は、AKB48グループが圧倒的な売り上げでランキングを席巻していますが、周知の通りAKB関連の作品は“握手券”や“投票券”目的で購入されるものが多く、盤面はおまけのようなもの。しかも、今回の嵐は3形態だが、AKB48の場合は6~8形態のパッケージに加えてランダム特典を封入することで、さらなる複数買いを促している。握手ナシで70万枚を売る嵐のCDに握手券を付けたらどうなるか、想像もつきませんよ」(芸能ライター)

 もはやCDの売り上げ数やランキングは、“流行している音楽”を示すものではなくなってしまったようだ。現実的には、こうしたCDパッケージの多売システムが、現在の音楽業界の生産・流通分野を支えていることだけは確かだが……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング