KARAに気を使いすぎ!? ウワサの有料KARAアニメをレビューしてみた

日刊サイゾー / 2013年3月16日 16時0分

 『ラブライブ!』『AKB0048』『アイカツ!』『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』などなど、リアルワールド同様にアイドル戦国時代真っ最中のアニメ業界。各作品とも独自のキャラとストーリーでファンを魅了している中、3月1日より腰振りダンスで一世を風靡したK-POPアイドルグループ・KARAを題材にしたアニメ『KARA THE ANIMATION』がひっそりとスタートしたのをご存じでしょうか?
 
 クイクイ腰を振りまくるダンスで日本中を席巻し、今年は1月6日にK-POPガールズグループとしては初の単独東京ドーム公演を成功させたとかさせないとか。そんなノリノリでイケイケでゴーゴーなKARAがアニメになったっつーわけで、当然のごとく多くのKARAファンはチェックしているはずの本作。「乗るしかない! このビッグウェーブに!」ということで、早速プレミアム放送中のスマホ向け放送局「NOTTV」にアクセス! 視聴料が500円かかるということですが、マ、この原稿を書けば全然元は取れるかってことでポチってみました。

 「アニメーションだからできる、普段と違ったKARAが5つの物語で大活躍!」(公式サイトより)という本作は、KARAメンバー5人をそれぞれ主人公に据えた5本のオムニバス作品で、なんとメンバーがそれぞれ本人キャラクターを演じているそうです。これはKARAファンならうれしい配役と思われますが、本編は終始韓国語で展開するので今一つ演技の上手下手が分からないのが残念。とはいえ、韓国語もペラッペラなK-POPファンの皆様なら、これは無問題でしょう。

 で、その中身なんですが、どうやら各メンバーが爆発物処理チームに所属する特殊警察官やら宇宙飛行士やらセクシー消防隊員になって大活躍するアクションものの様子。とりあえず誰が誰なのか、見分けがつかないので「理想的なボディーラインと美しいロングヘアを誇る」(公式サイトのキャッチより)ハラさんをご指名!(こう書くと、なんかいかがわしいお店みたいですね)

 モナコ公国第2王子の身辺警護の任についたSPのハラさんは、彼と共に王立銀行に向かいますが、突然テロリストが乱入し、ハラさんや王子たちは追い詰められてしまいます。そこで明らかになる衝撃の事実! そして後半は『逮捕しちゃうぞ』顔負けのパトカーチェイス! と、20分強の短編ながら、なかなかエキサイティングな内容で見応えはあります。

 ポイントはセクシーシーンでの「鼻血ブー」描写や、シリアスな展開の中で突然コメディタッチな掛け合い。男顔負けのアクションに惚れた他の王子たちから求婚されて、「もう王子はこりごりよー!」とか叫びながら駆けだすシーンで止め絵! というラストシーンなど、昔懐かしのアニメ演出が頻出する点でしょうか。全体的に「よく日本のアニメを研究しているなあ」といったところで、びっくりしちゃいました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング