“ポスト浜崎あゆみ”だったのに……misonoにオファー激減の現実「性格がネガティブすぎて」

日刊サイゾー / 2013年3月18日 13時0分

写真

「最近、バラエティでもあまり見なくなりましたが、実際オファーそのものが減っているみたいですよ。現在メインでやってるのはロケ番組のレポーターとかVTR出演とか、以前と比べるとあまり派手なものはないですね」(テレビ局関係者)

 歌手のmisonoが崖っぷちに立たされているという。2002年に“ポスト浜崎あゆみ”として「day after tomorrow」でデビュー。歌手活動と並行して『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)などのバラエティ番組にも出演するようになり、一躍お茶の間の人気者に。その彼女を、ここのところあまりテレビで見ることがないのには、実は理由があるとバラエティスタッフは語る。

「彼女は一見、明るくて賑やかなイメージがありますが、実際はその真逆なんです。彼女のTwitterを見たら分かりますが、イジメられた過去を告白したり、事務所を辞めると社長に直訴しに行ったとか、すごく“ネガティブ”なんです。また、精神的にも不安定な部分があって、スタッフやほかの事務所のマネジャーさんたちには明るく接しているのに、自分のマネジャーやスタッフには相当キツくあたってるのも見たことありますよ」

 実際、Twitterで「仕事を取って来てくれるスタッフがいない」というような旨の発言をしたこともある。

「また、彼女は基本的に女性ファンが多いのですが、V6の森田剛との熱愛騒動もあって、その女性ファンからも手のひらを返されたような感じになってるそうです。それで今は、信用しているロンブー淳の番組か、関西方面でたむけんの番組くらいしかオファーを受けてないみたいです。まあ、そのオファーそのものが少ないんですけどね」(芸能事務所関係者)

 彼女の公式HPも昨年末から一度も更新されていない。次に更新されるのは、歌手を辞めたときか、それとも……。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング