“視聴率好調”テレビ朝日にSMAPをねじ込みまくり! 激化するジャニーズ跡目争い

日刊サイゾー / 2013年3月20日 9時0分

 ジャニーズ事務所の人気グループ・SMAPのメンバー5人が、4月14日放送のテレビ朝日系『SMAP がんばりますっ!!』の中で同局2013年度新入社員として各部署に潜入し、視聴率好調の秘密を探る企画に挑戦するという。

 各紙によると、収録にあたり5人は、テレビ朝日の早河洋社長から「辞令」を交付され、香取慎吾は総務部に、中居正広はスポーツセンターで現場取材からVTR編集までを担当。稲垣吾郎は制作1部でバラエティ番組のAD(アシスタントディレクター)に、草なぎ剛はアナウンス部でプロレス実況に挑戦し、木村拓哉は制作技術センターでカメラマンとなり、同局の人気バラエティ番組『いきなり!黄金伝説。』の過酷ロケに挑むというが、メンバーたちにとってテレ朝はかなり思い入れのあるテレビ局だという。

「東京・六本木にあった同局旧社屋の第1リハーサル室は、00年3月に取り壊されるまで、ジャニーズ事務所のレッスン生がダンスを習うために通うスタジオだった。SMAPのメンバーたちもグループを結成する前から同所でレッスンを受けていた。そんな縁もあり、今となってはなかなかメンバー全員のスケジュールを合わせるのが難しいにもかかわらず、09年から毎年特番として『がんばりますっ!!』を放送。同局の深夜に放送されている、売り出し中の女優やアイドルが都内の坂を全力で駆け上がる『全力坂』にキムタクが挑戦するなど、他局だったらなかなか実現しない企画で高視聴率を記録している」(スポーツ紙デスク)

 今春には中居の人気主演シリーズ『味いちもんめ』、草なぎが初めて刑事役に挑む主演作『スペシャリスト』が2週連続で放送されるなど、SMAPがテレ朝との関係を着々と深めているが、この背景には所属事務所内部での権力争いが影響しているというのだ。

「ジャニ―喜多川社長の後継者をめぐって、ジャニ―社長の姉のメリー喜多川副社長の娘で関連会社社長のジュリー藤島氏と、SMAPの辣腕チーフマネジャー・飯島三智氏が壮絶な権力争いを繰り広げている。飯島氏は自身の権力拡大のため、現在、視聴率絶好調のテレ朝を取り込もうと躍起になっており、今後、SMAPをどんどんねじ込む戦略。自身が売り出しを手がけているKis-My-Ft2・玉森裕太主演の深夜枠ドラマ『信長のシェフ』に稲垣を脇役でブッキングする力の入れよう。その効果もあってか、同ドラマは高視聴率を獲得し、早くも映画化が決定したようだ。今後は、これまでフジテレビかTBSのドラマにしか主演していないキムタクの主演ドラマも実現しそう」(テレ朝関係者)

 さすがにテレ朝もバランスを考えているのか、ジュリー氏派とされている嵐の相葉雅紀が初の単独レギュラーMCを務めるバラエティ『相葉マナブ』を4月21日から放送するが、さすがにSMAPという切り札を持つ飯島氏サイドが圧倒的に有利なのが現状。テレ朝以外の他局では、どちらの派閥が勢力を拡大していくのだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング