金髪ショートでバンド活動開始のyuiに関係者危惧「東京事変のケースも……」

日刊サイゾー / 2013年4月6日 12時0分

写真

 昨年いっぱいで活動を休止したシンガーソングライターのYUIが、5月から活動を再開させることが明らかになった。とはいえ、ソロアーティストとしてではなく、4人組バンド「FLOWER FLOWER(フラワー・フラワー)」を結成し、同バンドの一員として活動する。

「今年1月に関西のライブハウスに出演したときに、すでにバンド名義で自己紹介していましたからね。活動休止の原因として、女優としても使われたり、シングル曲にドラマ主題歌やCMソングのタイアップをつけようとする所属事務所の売り出し方に大きな不満を抱えていたことが指摘されていました。活動休止前に出演した音楽番組でも、『YUIとしての復帰は考えてない』『びっくりするくらい早く復帰するかも』と発言していたことと併せて、今回の活動再開は事務所との確執を裏付けた格好ですね」(音楽ライター)

 そうした事情もあるのか、活動再開後はアーティスト名もYUIから小文字表記のyuiに変更し、黒髪のロングヘアから金髪のショートヘアにしてビジュアルを一新するなど、かつての自身のイメージをことごとく否定するかのような動きも見せている。

「所属事務所への反発なのでは? 関係者によると、すでにオリジナル曲もあるものの、バンドとしてのCDデビューの時期は未定だそうです。通常、活動再開する場合にはCDのリリースに合わせたほうがPR戦略としても効果的なのに、それをしないということは、事務所は彼女のバンド活動をまだ正式に認めていないのかもしれません。いまだ両者の間に確執があるのでは」(同)

 所属事務所としては、活動再開自体は喜ばしいが、これまでのイメージを変えてもらっては困るということだろうか。何しろ、かつてのYUIのファンがFLOWER FLOWERのメンバーとしてのyuiを支持するかは未知数だ。ここでコケてしまえば、事務所としてはドル箱を失ってしまうことにもなりかねない。

「東京事変のケースを思い起こさせますね。東京事変よりもソロのほうが売れるにもかかわらず、椎名林檎はバンド活動を続けていたのですが、所属レコード会社のEMIミュージックは本音ではソロに専念してほしいところを、本人の意向をくんでサポートしていました。まあ、バンドも解散してしまったので、レコード会社もホッとひと安心といったところ」(同)

 今後、FLOWER FLOWERの活動としては、5月4日に東京・新木場スタジオコーストで行われるライブイベント「Japan Jam」、同26日に若洲公園で行われる野外フェス「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL」などへの出演が予定されている。ライブ活動やCDデビューなど、これからFLOWER FLOWERが露出していく中で、かつてほどの人気が得られないようであれば、バンドが短命に終わることも十分考えられる。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング