錦戸亮、ガッキーとのキスシーン「マジで気持ちよかった」 『全開ガール』で“舌入れ”していた?

日刊サイゾー / 2013年4月10日 11時0分

 いまだ冷めやらない、新垣結衣と関ジャニ∞・錦戸亮の熱愛スクープ騒動。“清純派”として名高いガッキーと芸能界屈指の遊び人である錦戸の組み合わせだけあって、そのいきさつから現在の動向に至るまで、さまざまな報道が繰り広げられている。

「もともと2人は、2年前のドラマ『全開ガール』(フジテレビ系)で共演したのですが、そのときから彼はガッキーのことを狙っていましたよ」

 そう話すのは当時、このドラマの打ち上げに出席したドラマスタッフ。

「このときは、撮影期間が東日本大震災の直後とあってスケジュールが延びたり、いろいろと混乱があったんです。さらに、番組のプロデューサーの若松央樹さんが福島県の南相馬市出身ということもあって、『みんなで彼のためにも頑張ろう』という話をしていました。打ち上げでも、ガッキーは『若松さんのために頑張りました』と殊勝に話していたんですが、錦戸は何を思ったのか『ガッキーとキスできてよかった』『マジで気持ちよかった』と、完全に場違いな発言をしていました。周囲も『こいつ何言ってんの?』って、ザワついていましたね」

 そのキスシーンだが、錦戸が“舌入れ”していたという話があるくらい、ガッキーに執着していたようだ。

「実際どうだったかは別として、当時は誰が見ても好き放題やっていて、誰も彼に注意しなかったですからね。先日行われた『最高の離婚』(同)の打ち上げに、『全開ガール』のプロデューサーも務めた清水一幸さんもいて、『あの2人は、俺がくっつけたようなもの』と鼻息荒く話していましたから、“フジとジャニーズの間で、何かしらの話があったんじゃないか”と訝しむ人もいましたよ。清水さんは、キムタクのドラマもやっていますしね」(芸能事務所関係者)

 フジとジャニーズの関係は別としても、今後の2人はどうなるのか?

「ガッキーの事務所としては別れてほしいけど、今は聞く耳を持たないそうですし、ジャニーズ側としても、変に一般人と遊び回ってスクープされるよりは、特定の人のほうが安心ですからね」(同)

 先日の“菅野&堺”のような“電撃婚”なんてことはないとは思うが、果たして?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング