「蟹蟹蟹蟹……」なんてどうかしてるぜ! SAN値がみるみる減少『あいうら』

日刊サイゾー / 2013年4月13日 16時0分

写真

 春アニメも一通り出そろった今日この頃、アニメフリークの皆さんもお気に入りの作品が多数見つかったはず。しかし、乗り遅れてしまった! このビッグウェーブに! というあなたのために、ボチボチとオススメアニメを紹介しよう。というわけで、今回はギャグアニメ編だ!


●『ジュエルペット ハッピネス』

 サンリオとセガトイズによるファンシーキャラ・ジュエルペットを題材としたシリーズ第5弾の本作。その監督を務めるのは桜井弘明。古くは『こどものおもちゃ』(絵コンテ・演出)、『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』(助監督・絵コンテ)、『機動戦艦ナデシコ』(助監督・絵コンテ・演出)、『デ・ジ・キャラット』シリーズ(監督)を手掛け、近作は『探偵オペラ ミルキィホームズ』『這いよれ!ニャル子さん』(絵コンテ)『猫神やおよろず』(監督)を手掛けたベテランである。

 このラインナップを見ただけで「ピン!」ときた方もいるかもしれないが、桜井監督作品といえばシュールなギャグと畳みかけるようなセリフの波状攻撃が持ち味。『ジュエルペット ハッピネス』でもその作風は健在だ。ゴム人間なモブキャラや、突如出現する謎のオブジェ。間断なく流れ続けるキャラクターたちのセリフ。連続する超展開ならぬ超絶展開。第1話から、朝9時枠のアニメとは思えないほどハイテンションでハードコアなコメディが展開し、桜井弘明ファンを歓喜させてくれた(そういえば、桜井監督が手掛けた『デ・ジ・キャラットにょ』も同じ枠でしたね)。

 ちなみにキャストも豪華絢爛。従来のシリーズから継続して出演する豊崎愛生、平野綾、沢城みゆきに加え、新キャラクター・ローサ役の茅野愛衣をはじめ、イケメン先輩キャラ役として細谷佳正、福山潤、木村良平ら人気男性声優がラインナップ。彼らが繰り広げる、ドライブ感満点の演技にも注目だ!


●『波打際のむろみさん』

「週刊少年マガジン」(講談社)連載のコミックをアニメ化した本作。なぜか博多弁をしゃべる人魚のむろみさん(演じるのは、福岡県出身の田村ゆかりだ!)と、彼女を釣り上げてしまいがちな少年・向島拓朗が繰り広げるドツキ漫才チックなコメディだ。15分枠ながら他のアニメに比べて倍以上のテンポで展開する本作。おかげで見終えた後の疲労感と満足感はかなりのものだ。また、『もってけ!セーラーふく』や『化物語』主題歌などでおなじみのヒットメーカー・神前暁が作曲を手掛け、サブカル声優・上坂すみれが歌う主題歌もインパクト大だ。往年の戸川純を思わせるエキセントリックでプログレッシブなサウンドは中毒性抜群。暴走特急のような一本である。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング