「エロくない壇蜜に需要はあるか」セクシータレント壇蜜が事務所移籍で、お色気路線を封印する!?

日刊サイゾー / 2013年4月17日 11時0分

写真

 セクシータレントの壇蜜が本名を明かして話題を呼んでいる。11日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の人気コーナー「新・食わず嫌い王決定戦」に出演した際に明らかにしたもので、気になる本名は「齋藤支靜加」だという。

「壇蜜は28歳のときに、人気ゲーム『龍が如く4』のキャバ嬢役としてデビュー。以降しばらくは齋藤支靜加の名前で活動していました。翌年、壇蜜に改名していますが、このタイミングであらためて本名を明らかにしたのは、事務所を移籍したのが関係しているのでしょうか」(週刊誌記者)

 実は、壇蜜は12日から、吉木りさや杉原杏璃ら人気グラドルが所属する大手のフィットワンに移籍している。本名を明かした番組放送日が移籍前日の11日であったことは何やら暗示的だが、前所属のエクセルヒューマンエイジェンシーは小規模な事務所のため、絶えず引き抜きがささやかれていたという。

「前事務所はなんの戦略もなく、舞い込んできた仕事をとにかく壇蜜に振っていただけですからね。イベントなどに出すぎて飽きられるのが時間の問題だった上に、そうした露出過多が災いして、最近ではネット掲示板などで『ゴリ押しだ』などとバッシングが相次いでいた。今回の事務所移籍は、彼女にとっては願ったりかなったりだったのではないでしょうか。エロサービス過剰で売れっ子になったはいいが、過激すぎてテレビ局もキャスティングに困っていたといいますからね」(同)

 そこで、新事務所の取った戦略が“セクシー路線の封印”なのだそう。週刊誌などの報道によると、いきなり脱ぐのをやめることは考えていないものの、壇蜜をメジャーな存在にして女優やCMの仕事にも挑戦させたいというのが、事務所の意向のようだ。

「だから、“本名の解禁”も、エロイメージを薄めるための戦略の一環なのでは」と、民放キー局関係者は推測する。エロくない壇蜜などファンにとってはなんの意味もないかもしれないが、路線の穏健化は大手事務所の引き抜きやいわれなきバッシングなどとともに、メジャー化の過程では避けられないもの。その意味では、壇蜜は芸能界の“洗礼”を受けている真っ最中だといっていいだろう。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング