「自分は俳優には向いてない」“映画監督志望”瑛太を事務所が必死に説得中!?

日刊サイゾー / 2013年4月22日 13時0分

写真

 若手俳優の代表格のひとり、瑛太が事務所を悩ます発言をしているという。

「実は、彼が『自分は俳優には向いていない。映画監督をやりたい』と直訴しているそうです。事務所としても、稼ぎ頭のひとりである瑛太に辞められると困るので、どうにかして説得しようと必死になってるみたいですよ」(芸能事務所関係者)

 2001年にデビューしてからというもの、『WATER BOYS』(フジテレビ系)や『オレンジデイズ』(TBS系)に出演してその知名度をアップさせてからは、ドラマだけでなく映画界からも引く手数多の瑛太。

「ジャニーズ系じゃなくて連ドラの主役を張れる数少ない俳優でしょうね。実際、数字も取れますし、ドラマの評判もいい。彼より年齢が下で、彼以上の俳優さんはなかなかいないですから、テレビ局としても重宝する俳優さんですよ」(テレビ局関係者)

 それだけに、事務所にとっては今がまさに稼ぎ時。そんな瑛太が、どうして俳優を辞めたいというのだろうか。

「それは、やっぱり同世代の俳優さんたちの影響でしょうね。仲の良い小栗旬クンは映画監督をしてますし、山田孝之や森山未來など、共演したことのある俳優は、ほとんど映画ばかりですからね。ドラマ畑の瑛太は、映画にかなりこだわりがあるとか」(映画関係者)

 俳優が映画を撮るケースは数あれど、成功したケースはほとんどない。先の小栗の映画も興行的には大失敗した。

「それだけに、事務所としても『低予算で一回やらせてみようか』という話にもなってるみたいですよ。映画監督の難しさが分かれば諦めると思ってるんじゃないでしょうか」(前出・芸能事務所関係者)

 果たして、瑛太の挑戦は吉と出るか凶と出るか……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング