「ランチはゆで卵5個のみ!」市川海老蔵が実践した“ゆで卵ダイエット”に専門家は……?

日刊サイゾー / 2013年5月1日 13時0分

写真

 今月9日にスタートし話題の、歌舞伎俳優・市川海老蔵のブログ「ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ」(http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/)。開始から約20日間がたった現在、すでに更新回数は190回を超え、1日で15回更新する日もあるなど、更新頻度だけ見ると、かの有名な中川翔子の「しょこたん☆ぶろぐ」をしのぐほどだ。

 その内容は、自撮りや、仕事仲間、食事の写真のほか、iPhoneで描いたと思われる謎のイラストや、カラフルな手書き文字など、“ルール無用”と言わんばかりにハイテンションで更新しており、本人のアッパーな人柄が伝わるブログとなっている。

 今月22日には、自身初となるベッドシーンの撮影があったことを明かしており、「初ベットシーン いやー大変でした もう大変でした とてもドギマギしました 大勢のスタッフの前で 大変でした でも、よかっです 又、挑戦したい 男ですから」(原文ママ)と撮影直後に感想を綴っている。

 これに関して、海老蔵のファンらは、12月公開予定の主演映画『利休にたずねよ』での、妻役の中谷美紀とのベッドシーンではないかと推測している。

 そして、ベッドシーン以上にファンの間で話題になったのが、大量の「ゆで卵」の写真。ブログで確認できるだけでも、少なくとも半月にわたり、昼食にゆで卵5個(うち4個は黄身抜き)のみを食べていたようだ。

 さらにブログを見る限り、朝食はグリーンスムージーのみ、夕食はサラダ中心、間食はヒマワリの種というストイックな食生活を続けており、この間食に関しては本人も「リスさんか」と自身にツッコミを入れるほどつらかったようだ。

 この方法により、5kg以上の減量に成功。ファンの間では、前述の映画で死に向かう利休を演じるための役作りだったのではないかとウワサされている。

 「ゆで卵ダイエット」といえば、20年ほど前に有名スポーツ選手が実践していたことから一時的にブームとなったが、その後あまり聞かない。卵ばかりいくつも食べることは、身体に悪影響を及ぼすのではないのだろうか。書籍『ハッピー・ラッキー 美人の秘密2』(ぜんにちパブリッシング/7月中旬発売予定)などの著者で、美容ライターのユウコ氏に聞いた。

「大量のゆで卵の写真にびっくりされた方も多いようですが、ブログを見る限り、海老蔵さんのダイエットは理想的です。卵は満腹感もあり、代謝アップを促すビタミンB群も豊富で、ダイエット中のたんぱく質補給にうってつけです」

 また、海老蔵のダイエット成功のもう1つのポイントは、朝食のグリーンスムージーにあるのだとか。

「午前中は、体の不要物を外に出す時間なので、フレッシュな野菜と果物でビタミンや酵素をしっかり摂ると、デトックス効果が高まって痩せやすくなるんです。何より、海老蔵さんが最後まで頑張り抜けたのは、高いプロ意識はもちろん、完璧な栄養バランスのおかげで、体力を落とさずにいられたからでしょう」

 ダイエット終了後の現在は、こけた頬を戻すためか、「朝ご飯は毎日ステーキに変わりました」(ブログより)と、一転、ヘビーな食生活を送っている海老蔵。役者魂が垣間見える彼のブログからは、“海老蔵式ゆで卵ダイエット”以外にも、学ぶべきことがたくさんあるのかもしれない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング