“脱・清純派”の夏帆「アホ、ヤリマンと呼んで」に『みんな!エスパーだよ!』スタッフ奮起中

日刊サイゾー / 2013年5月21日 11時0分

写真

「ここにきて、彼女の評価がかなり高まってきていますね。先日は7月クールドラマに主演することが発表されましたが、しばらくは引っ張りだこになりそうで、担当マネジャーはうれしい悲鳴を上げているそうです」(テレビ局関係者)

 現在、テレビ東京系で放送されている『みんな!エスパーだよ!』に出演している夏帆。放送開始当初から“パンチラ”シーンなどで話題となったのだが、それには夏帆の並々ならぬ意気込みがあったのだと、番組関係者は語る。

「そもそも、彼女がよくこの役を引き受けたなって、みんな感心していました。いわゆる“清純派”としてデビューした彼女が、真逆の役を演じるわけですからね。でも、後で聞くと、彼女から『やりたいです』と直訴したみたいですし」

 2カ月間にわたる撮影中、ロケ地の愛知県東三河で役作りに没頭していたという夏帆。

「この2カ月間は、役名の『平野美由紀って呼んでください』と周囲に話していました。『アホとかヤリマンでもいいですよ』なんて言うので、逆にスタッフが戸惑っていましたね。ほかの役者が撮影がないときは東京に戻る中、彼女は一人とどまり、役作りに励んでいました。そんな彼女を見て、スタッフたちも『彼女のために頑張ろう』と一致団結していました」(同)

 小学5年でスカウトされて芸能界入りし、宮沢りえ、蒼井優も務めた『三井のリハウス』のCMガールに起用され、初主演映画『天然コケッコー』での演技が高く評価された夏帆も、その後は伸び悩みを見せていた。

「それだけに、今回の“脱・清純派”は大きかったと思いますよ。すでに、ドラマと映画のオファーが何件もあったと聞きましたよ。一気に濡れ場のある映画に出演する可能性もありますね」(映画関係者)

 再ブレークなるか!?


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング