好調『ガリレオ』吉高由里子が秋ドラ制作陣に「数字取る自信あります!」と猛烈売り込み中

日刊サイゾー / 2013年5月31日 11時0分

写真

「私、数字取る自信があります。よろしくお願いします!」

 ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)が20%前後の高視聴率を出していることで、吉高由里子が周囲に強気発言をしているという。

 冒頭の発言は先日、秋にスタートするドラマの配役を検討中の脚本家が挨拶したところ返ってきた返事だと、同脚本家のアシスタント。

「実力がありながらトップ女優たちと比べると格落ち感があった彼女ですが、今回の高数字で自信を持ったんでしょう。我が強く頭がキレる女刑事役を演じているキャラそのまんまに、局のプロデューサーなんかにも積極的に営業しています」(同)

 ただ、一方では、そんな吉高に「勘違いしているのではないか」という声も聞かれる。広告代理店のマーケティング担当者は「吉高によって視聴率が上がったとは見ていない。彼女が自分の人気で数字を上げたとするなら、それは勘違い」と厳しい。

「このドラマは毎回、大沢たかおや大島優子、夏川結衣や桐谷美玲、香椎由宇など主役級の人気俳優(女優)をスペシャルゲストで出していますし、今回は福山雅治がカンヌ国際映画祭で話題になっているので、そこに乗っかった形」と同担当者。

「そもそも『ガリレオ』の女刑事役も、当初は前回同様、柴咲コウに内定していたところ、福山と同じ事務所の吉高がバーターでゴリ押し抜擢されただけ。ドラマの視聴率は出演者から裏方まで全員で取っているもの、自分が数字を上げるという認識は吉高クラスでは少し早い」(同)

 さらに、柴咲を評価する関係スタッフからは「何様だ」と不満の声も上がっていたというが、吉高はそんな声も知らずか、ドラマの撮影時には得意満面な態度で振る舞っていたという。

「事務所サイドは『吉高が演じたキャラに入り込んだせい』と、女優魂のせいにしていましたが、もしドラマ終了後も同じ態度が続けば反発は強まりそう」(同)

 柴咲コウは『ガリレオ』のスピンオフ、6月22日の特番で“一時復活”を果たすが、収録現場では高飛車に振る舞う吉高との“激突”に周囲が戦々恐々だ。

 確かに吉高は、これまで「出演する作品を選ぶ」ともいわれてきたプライド高き女優。映画『蛇にピアス』で初ヌードを披露して、演技ではその実力を示しているのだが、大女優の仲間入りを果たすには周囲への気遣いも重要。現場で嫌われて仕事を減らした沢尻エリカの例もあるだけに……。
(文=鈴木雅久)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング