オールスター中間発表1位! ルーキー藤浪晋太郎に至上命令「トーク力を鍛えるべし」

日刊サイゾー / 2013年6月5日 9時0分

写真

 プロ野球・阪神のスーパールーキー・藤浪晋太郎投手が3日、マツダオールスターゲームのファン投票・セ・リーグ投手(先発)部門の中間発表で、同じルーキーの巨人・菅野智之や“マエケン”こと広島・前田健太らを抑え、堂々の1位(1万2,325票)を獲得した。くしくも前日には登板した試合で勝ち負けはつかなかったが、チームは勝利。巨人と日替わり首位を争う展開になっている。

 福岡・ヤフオクドームで取材に応じた藤浪は「それだけ多くのファンの方に投票していただけるのはありがたい。もし出場できるのであれば、ファンの方の期待に応えられるようにプレーしたいです」とコメント。これまで、同じルーキーで“二刀流”挑戦中の日本ハム・大谷翔平に話題を持っていかれがちだったが、「球宴では、打者・大谷との対峙以外にも、目立たせようと努力してきたことがある。それは、トーク力なんです」(プロ野球番記者)

 これまで阪神では、超人気球団がゆえに、ファンやマスコミの過剰な期待で潰れていった選手は数知れず。だが、地元・大阪出身の右腕に対して、チーム関係者は「ほかの(潰れた)選手の二の舞いにはさせられない」と心配の声が多かった。そこで取り組んだのが、ボケの効いた質問でもツッコミで返させる──まるで、お笑いの基礎を磨くかのごとく地道に取り組んだ“藤浪流”コミュニケーション能力だという。

「実は、1月の自主トレからチーム関係者と報道陣が対策会議を持ち、『大きな取材の最後には、必ずボケの効いた質問をする』という取り決めを作ったようなんです。これに、最初は戸惑った藤浪でしたが、投球同様、対応力は抜群。徐々にうまく返すようになってきた。この前も、ソフトバンク戦登板を目前に報道陣が藤浪に『ソフトバンクは“速く、そしてつながる”というのがモットーな会社ですが、自軍の打線にも同じ期待をしますか?』という趣旨の質問をされ、『盛り上がるよう、うまく書いておいてください!』と回答。真面目一辺倒だけじゃない、面白いヤツというイメージが少しずつ浸透し始めています」(スポーツ番組プロデューサー)

 オールスターについて「もし出られたら、勉強にはなると思います」と話していた藤浪。実際に出場となれば、登板がない試合でのテレビ中継のゲストに招かれる可能性は高い。チームの順位やファン投票同様、トークでも球界のトップを奪取する絶好のチャンスを生かすべく、裏ではこうして準備しているのだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング