DVで逮捕の元サッカー日本代表・奥大介容疑者「指導者時代から情緒不安定だった」

日刊サイゾー / 2013年6月11日 11時0分

写真

「このままなら本当に殺される……」

 脅迫の疑いで神奈川県警戸塚署に逮捕されたサッカー元日本代表の奥大介容疑者の妻で女優の佐伯日菜子が、以前から知人にも、おびえた様子で夫への恐怖を相談していたことが分かった。

 長年、夫の家庭内暴力に耐えてきたとされる佐伯だが、彼女と10年近く付き合いのある知人女性によると、数年前にも奥容疑者から「殺すぞ」と脅された話を聞いていたという。

「大介さんの暴力が始まったのは彼が引退した6年ぐらい前からで、『オレが引退したのは、おまえのせいだ』と言われるようになっていたと聞きました。『体は動くのに、精神面が影響している。家族のサポートがないからだ』とか、その暴力も最初は肩を押す程度だったのが平手打ちになり、そのうちに人前でも蹴飛ばすようになって『殺すぞ』と言われるまでにエスカレートしているって」(同)

 奥容疑者は日本代表としても活躍したスター選手だったが、2006年に横浜F・マリノスから戦力外通告を受け、翌年に横浜FCへ移籍も同年限りで引退。その後は指導者として活動していたが、この1月に「体調不良」で退職していた。かつて所属していたチームの関係者によると「30代前半で動きが明らかに落ちていたんですが、『オレは負傷さえなければ40まで動ける』とは言っていた」という奥容疑者だけに、無念の引退となったイラ立ちからDV夫となってしまったのだろうか。同関係者は「家族のせいだとは聞いたことはなかった」というものの、前出女性によると「何かにつけ日菜子さんが責められていたようです」という。

「昨年、会ったときにも腕にアザがあった。そのときはあまり詳しくは語りませんでしたが、明らかに大介さんからの暴力だという感じで、仕事をしに出るだけでも『俺への当てつけか』とか『自分のことしか考えていない』と言われていたことを漏らしていました」(同)

 実は、奥容疑者の言動が現役時代と違っておかしなものになっていたという話は、1月まで指導者として勤務していた横浜FCでも聞かれていた。

「普段は優秀な指導者なんですが、何かの拍子に急に激しく怒りだすことがあって、周囲で彼のことを避ける人がかなり増えていました。情緒不安定の原因は分かりませんが、今回の逮捕を聞いて驚くよりも“家庭でも暴発していたのか”と思いました」(横浜FC関係者)

 本来なら業界で尊敬される立場にある奥容疑者だったが、自身の言動から孤立を深めたせいなのか、最近は地元の兵庫県で、お好み焼き屋の店員に転身していた。

「サッカーに触れる環境にあるとイライラするだろうからという、日菜子さんのアドバイスだったと聞いています」と前出女性。

 そんな愛妻にも牙を向けてしまった奥容疑者について、戸塚署の関係者は「日菜子さんは警察に相談するまで相当に我慢を重ねてきたのが分かるほど憔悴していて、緊急性も感じたので、夫の逮捕に踏み切らざるを得なかった」と話している。留置場では非常におとなしくしていると伝えられる奥容疑者、過去の栄光を自ら汚したことに何を思っているのだろうか。
(文=鈴木雅久)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング