視聴率ドン底の『アゲるテレビ』で、西尾由佳理アナが「扱いづらすぎる……」の声

日刊サイゾー / 2013年6月13日 9時0分

写真

 元日本テレビの西尾由佳理アナが“腫れ物扱い”されているという。フジテレビの『アゲるテレビ』に鳴り物入りで起用されたものの、視聴率は低空飛行どころかドン底状態。1%台で推移することも珍しくなく、4月スタートにもかかわらず、早くも打ち切りがささやかれている。

「好感度ランキングでも上位に位置し、トヨタなどの大企業のCMにも起用されてきたが、今回の『アゲるテレビ』の失敗で西尾アナの名前にミソがついたのは間違いない。今後、ギャラやCM価値の下落は避けられないはずです」(テレビ関係者)

 日テレ時代から西尾アナは外づらの良さには定評があったが、最近はイライラも募る一方。4月22日放送の同番組では、生放送中に仏頂面がお茶の間に流れてしまった。気象予報士の資格を持つ落語家・春風亭昇吉が亀戸天神から中継した際の一言が、西尾アナの逆鱗に触れたのである。

「藤の花が満開だったので、昇吉さんは『フジが満開です』と、『藤』に『フジ』を引っ掛けたんです。しかし、番組は低視聴率で満開どころか、枯れ気味。これを嫌みと捉えたのか、西尾さんの顔がみるみる紅潮し、一気に不機嫌になってしまったんです」(番組スタッフ)

 番組終了後にも、西尾アナは周囲のスタッフに「あれ何なんですか?」「私はフジじゃないんですけど……」などとグチっていたという。西尾アナを古くから知る人物は「仕事は確かにできたけど、どこかクールというか協調性がないというか……。スタッフからの評判はイマイチでしたね。例えば、番組スタッフと飲みに行く時も、予約した店が気に入らないと『私、ここで帰ります』と空気を読まずに帰ってしまう。外づらがいいだけに、何を考えているか、何が彼女の“地雷”なのかわからないことが多々あった」と明かす。

 先日、テコ入れのために『めざましテレビ』でおなじみの軽部真一アナがメーンキャスターとして同番組に投入されることが発表されたが、これも西尾アナのプライドを傷つけた。

「その日の西尾さんの機嫌の悪さといったら(笑)。スタッフが気安く話しかけられる雰囲気ではなかったですね」(前出の番組スタッフ)

 ルンルン気分の西尾アナを一度でいいから見てみたいものだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング