「早く帰りたい……」超過密スケジュールの壇蜜に出始めた“危険な兆候”とは

日刊サイゾー / 2013年6月27日 9時0分

写真

 瞬く間にセクシータレントの頂点に上り詰めた壇蜜に、危険な兆候が表れているという。

 契機となったのは、4月に大手プロダクション「フィットワン」に移籍したこと。

「移籍してからというもの、業界では『仕事を選ぶようになった』とささやかれていますよ。それまでは来た仕事はなんでも受けるというスタンスでしたが、今は彼女のやりたい仕事しか受けない。オファーしても、事務所側がなかなかスケジュールを教えてくれず、それで流れてしまった企画はいくつもあると聞きました」(テレビ関係者)

 壇蜜自身も、過密スケジュールが原因なのか、このところ精神的に参っている様子だという。芸能プロ関係者は「ちょっとしたことでも『嫌だ』とダダをこねたり、『早く帰りたい』とワガママを言うそうです」と証言する。

 先日公開された優香主演の映画『体脂肪計タニタの社員食堂』でも、こんなことがあったという。

「壇蜜さんも出演していて、ゴシップ誌などでは『主役の優香を喰った』と散々話題になっていたのに、いざ公開となっても壇蜜さんは宣伝活動に積極的ではありませんでした。ゴシップ誌にヨイショ記事を書かせておいて、それはないですよ」(映画関係者)

 そればかりか、最近は“女優引退”もささやかれる始末。別の映画関係者によると、壇蜜主演の新作“官能”映画が年内にも公開されるというが、それを区切りに女優業はいったん終了。今後は、グラビアやバラエティ番組への出演をメインにやっていくつもりだという。

 別の映画関係者いわく「映画は撮影に時間がかかる割に、ギャラは少ない。それなら、写真集やテレビ出演のほうがよっぽどオイシイ。要は、彼女も“学んだ”ということでしょう」。

 ファンが壇蜜に期待しているのはトーク力ではなく、エロスなのだが……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング