NHK来春朝ドラ『花子とアン』吉高由里子との“Wヒロイン”に、惨敗続きの仲間由紀恵で大丈夫か

日刊サイゾー / 2013年7月25日 11時0分

写真

 先日、来春のNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』のヒロインに、女優の吉高由里子が選ばれた。

「今年の後半は杏さん主演の『ごちそうさん』が決まっていますが、現在『あまちゃん』がかなり高視聴率なので、2人に掛かるプレッシャーはものすごいものだと思いますよ。しかも2人ともオーディションではなく、直接のオファーでキャスティングされていますからね。数字がそのまま評価につながるので、結果次第では今後の女優人生に大きな影響が出ると思いますよ」(ドラマ関係者)

 NHKの朝の連続テレビ小説といえば、これまでは若手女優の“登竜門”的な位置付けだったが、ここ数年は実績がある若手女優の起用が目立っている。

「宮崎あおいさん、堀北真希さん、井上真央さん、多部未華子さんなど、民放ドラマで実績を残した人の起用が多いのは、ある程度数字が見込めるからですが、所属事務所の介入が多いのも事実です。今回も、ヒロインは吉高さんなのですが、一応“Wヒロイン”ということで、仲間由紀恵さんの出演も決まっています。彼女は、16年前に『天うらら』に出演していますから、16年ぶりの出演ということで話題にはなるでしょうね。ただ、最近の彼女は主演しても数字が取れないので、局内では彼女の起用をいぶかしがる声も少なからず上がっているんです」(NHK関係者)

 確かに、仲間が所属するプロダクション尾木は、キャスティングにも口を挟めるくらい大きい。しかし、ここ最近の彼女の主演作はというと、どれも平均視聴率で2ケタに届いていない。

「先日もNHKで主演ドラマ『島の先生』が放送されましたが、こちらも平均6.1%でしたからね。尾木プロとの関係もありますので、この結果だけでどうこうはないですが、もう少し数字を取ってもらわないと来年の朝ドラにも響きますからね。秋には民放で特番があるみたいですが、最低でも2ケタは取ってもらわないと困りますね」(同)

 女優として瀬戸際にいる仲間。今年後半で巻き返すことができるのだろうか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング