【C84】猛暑で倒れて本が買えなくてもよいのか! コミケに向けた究極の熱中症予防策とは

日刊サイゾー / 2013年8月10日 7時0分

写真

 いよいよ、コミケの季節がやってきた! 夏コミといえば、忘れてはならないのは熱中症対策である。コミックマーケット準備会では、カタログの「諸注意ページ」部分をネットで無料公開して、健康管理や暑さ対策への注意喚起を行っている。

 今やコミケも小学生からお年寄りまでもが訪れるイベントになり「カタログは高くて買えない」という参加者にも配慮しているわけである。今回も、暑さ対策と水分補給は、徹夜禁止と並んで念を入れて紹介している。

 とにかく、夏のコミケは危険なほど暑い。近年は、担架から車椅子に変わったが、倒れた人がスタッフに連れられて次々と救護室へと運び込まれていく。コミケで倒れると悲惨だ。ただでさえ、本を買う時間は限られているので、倒れたら欲しい本も買えなくなってしまうではないか。それに「車椅子通りまーす」とスタッフに連呼されながら運ばれていくのは、なんとなく小っ恥ずかしい。もちろん、大事に至る前に救護室に運んでもらうに越したことはない。でも、周囲の人は「あんなに注意されているのになあ……」と、思っているに違いないよ!

 思い出すと、昔の晴海はこんなに暑くなかったような気も。やはり、地球の温暖化が進んでいるのか? 温暖化は知らないが、集まる人の数も増えたので、熱気がこもるようになったのは間違いない。特に、西館と東館の通路は危険だ。汗が蒸発しきらずに蒸気になっているような現象を見ることはできるのは、あそこぐらいのものだろう。

 まず、定番の品はロッテ健康産業が販売する「ヒヤロン」だ。これは、袋を叩くと30分間ひんやりが続く保冷用品。これには「ヒヤロンスーパー」という保冷時間130分の上位品も存在する。とりあえず、炎天下で火照った首筋なんかを冷却したいときには、欠かせないアイテムだ。ちなみに「ヒヤロン」は叩くと冷却が始まるが「ヒヤロンスーパー」は、折り曲げて揉むもの。間違わないでくれ。

 また、冷却にはスプレー系も欠かせない。オススメしたいのは桐灰化学が販売している「熱中対策-服の上から身体を冷やすスプレー-」。冷却系のスプレーや汗の臭いを消すスプレーは、いくつも販売されておるが、皮膚に直接、薬液を噴射するタイプのものが多い。となると、衆人環視の前で、Tシャツの裾をまくり上げなくてはならないではないか。背に腹は替えられないけど、ハタから見たら無様そのもの。特に、太めの体型の人や中年太りの人だと、周囲に女のコがいるのに醜い三段腹を晒さねばならない事態になるではないか。その点で、コチラの商品はオススメなのである。消臭も一緒にやってくれるしね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング