「ガチ交際だった!?」橋本愛と綾野剛の“14歳差デート報道”意外な舞台裏とは

日刊サイゾー / 2013年8月13日 9時0分

写真

 俳優・綾野剛(31)とNHK朝の連続小説『あまちゃん』で足立ユイ役を演じる橋本愛(17)のデート現場が、8日発売の「女性セブン」(小学館)で報じられた。

 同誌によると、6月下旬のある日、東京・渋谷にあるカフェに、綾野と黒縁メガネにマスクで変装した橋本がやって来たという。居合わせた客によると、2人はテーブル席に通され、仲良くライスプレートを注文。綾野は橋本を「愛ちん」と呼び、食事中は2人とも笑顔で、まるでカップルのような雰囲気だったという。

 綾野といえば、戸田恵梨香と付き合っていたような……。一方の橋本も今年5月、映画『桐島、部活やめるってよ』で共演した落合モトキとの“お泊まり愛”をフライデーされたばかり。その際、橋本が17歳ということもあり、ネットでは「淫行条例に抵触するのではないか」と炎上。さらに2人がデートしていた店が、カクテルが名物のバーだったため、“飲酒疑惑”も浮上した。

 そんな“お騒がせ”な2人のホントの関係はどうなのか? 橋本の所属事務所は、綾野と会っていたことは認めたものの「芸能界の先輩として、ご飯に行かせていただきました」と交際については否定。片や女性セブンは「2人は付き合っていますよ。お互いの知人の紹介で知り合ったみたいなんですけど、年の差14才なんて気にならないほどラブラブなんです」と結んでいる。

 これに対し、舞台裏を知る人物が真相を明かす。

「同誌としては珍しく目撃証言だけで記事が作られ、決定的なツーショットもない。これは何を意味するか? 要するに、狙っていたけど撮れなかったんです。デートの目撃談が6月下旬と少し古いのもそのため。どうやら、あるところから情報提供があったようで、そこからひと月近く追いかけたものの、次第に情報が他社にも広まってしまった。それで『いつ出てもおかしくない』という状況に追い込まれ、合併号休みを前に『他社に出されるくらいなら……』と半ば強引に記事化したようです」

 デートは間違いないが、その後2人が密会した形跡はなし……。それを「熱愛」と呼ぶのかは判断が分かれるところだろう。

日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング