「それってネタバレじゃ……」『風立ちぬ』タバコ描写問題で、日本禁煙学会に映画界からブーイングの声

日刊サイゾー / 2013年8月17日 12時0分

写真

 大ヒット中の映画『風立ちぬ』の中で頻出する登場人物たちの“喫煙シーン”に、NPO法人「日本禁煙学会」が要望書を出した問題が波紋を広げている。

 12日、日本禁煙学会は『映画「風立ちぬ」でのタバコの扱いについて(要望)』という文章を公開。同文書を製作担当者に提出したことを明かした。文書では「教室での喫煙場面、職場で上司を含め職員の多くが喫煙している場面、高級リゾートホテルのレストラン内での喫煙場面など、数え上げれば枚挙にいとまがありません」などとし、同作品が“タバコ広告にあたる”として「タバコ規制枠組み条約」13条違反、また「学生が『タバコくれ』と友人にタバコをもらう場面などは未成年者の喫煙を助長」しているとして「未成年者喫煙禁止法」にも抵触するおそれがあると指弾している。

 これを受けて、ネット上では賛否の意見が噴出。掲示板などでは大きな議論を呼んでいるが、映画関係者からは「この要望書そのものがマナー違反だ」という声が聞こえている。

「要望書の中で『肺結核で伏している妻の手を握りながらの喫煙描写は問題』と言っていますが、このシーンで主人公は、妻の手を握りながら喫煙をするかしないかを逡巡するんです。映画は“吸うか・吸わないか”を迷う人物を描写しているのに、この要望書が広まったおかげで、観客は“吸う”ことを事前に知ってしまう。公開中の映画の、クライマックスに近い時間帯での、非常に重要な葛藤が描かれている大切なシーンですよ。その結末を軽々しくネタバレさせるような人たちに、喫煙マナーなんかを語る資格があるんですかね。これから劇場に足を運んでくれるお客さんに失礼ですよ」(映画製作会社関係者)

 要望書は「映画制作にあたってはタバコの扱いについて、特段の留意をされますことを心より要望いたします」と締められているが、禁煙学会側にも、要望にあたっては特段の留意が必要だったかもしれない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング