「手が震えるほどのスクープはどこに!?」アイドルの結婚スクープ予告の週女に一体何が!?

日刊サイゾー / 2013年8月20日 9時0分

写真

 「週刊女性」(主婦と生活社)が、20日発売号に掲載を予告していた“超人気男性アイドル”の結婚情報について、同誌には該当記事が存在しないことが分かった。

 12日に放送された関西ローカルのワイドショー『朝生ワイド す・またん!』(読売テレビ)に、同誌の記者が出演。超人気男性アイドルの結婚情報をスクープしたことを明かし、次号で掲載すると告知した。

 この時、「手が震えるくらい大きい話なので、これ以上話せない」と実名は明かさなかったものの、「男性アイドルといったら、大きな事務所しかありませんよね」とジャニーズであることを思わせる口ぶりだったことから、注目が集中。ネット上では、さまざまな憶測が飛び交った。

 名前が上がったのは、以前からウワサの絶えない嵐・松本潤と井上真央や、長年、隠し子疑惑がささやかれるSMAP・香取慎吾、TBS社員との同棲が報じられたTOKIO・国分太一、カトパン似の一般女性とのデート現場が報じられたTOKIO・長瀬智也など。

 また、昨年12月に交際のウワサがあった、SMAP・草なぎ剛とAKB48・大島優子という説も浮上。鼻で笑っていたファンも、今月13日に撮影されたプライベート写真で、大島の左手薬指に指輪がはめられていたことが発覚し、動揺が広がっている。

 一方で、タレントの宣伝目的や、事務所と示し合わせた“ヤラセ記事”であるという見方も。週刊誌が熱愛ではなく、結婚をスクープすること自体が珍しいことに加え、発売の1週間も前にスクープネタを明かすことは、ほかの媒体に気付かれる恐れがあるため「普通に考えたらあり得ない」という指摘があったためだという。

「あれだけ煽っていながら、記事がないのでびっくりしました。掲載が見送られた理由は分かりませんが、テレビで言ったがために、芸能関係者にネタを握りつぶされた可能性も考えられます。ビッグスクープをにおわせていただけに、残念でなりません」(芸能記者)

 手が震えるほどの大スクープは、本当に幻となってしまうのだろうか? 

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング