「事務所が仕事を止めていた?」堂本剛の5年ぶりドラマ『天魔さんがゆく』映画化へ

日刊サイゾー / 2013年8月30日 11時0分

写真

 先日、堂本剛主演のドラマ『天魔さんがゆく』(TBS系)の打ち上げが行われた。

「出演者もメインは堂本さんや川口春奈さん、皆川猿時さんくらいですから、まったりとした打ち上げでしたよ。深夜枠ということで、視聴率もそんなに気にすることなくやっていたようですし、雰囲気はよかったですよ」(芸能事務所関係者)

 約5年ぶりのドラマ出演ということで話題となった堂本だが、これまでドラマに出なかったのは事務所の意向だという。

「本人は『ドラマのオファーは来ていなかった』と話していましたが、“自分じゃないとできない役しかやりたくない”というこだわりがあるそうで、もしかすると事務所で止めていた話もいくつかありそうですね」(同)

 実際、堂本といえば、出世作でもある『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)をはじめ、『Summer Snow』(TBS系)や『元カレ』(同)などの“王道ドラマ”や『33分探偵』(フジテレビ系)などのコメディまで幅広く、かつ視聴率も取れる俳優として貴重な存在のはずである。

「まあ、それも本人の意向ですからね。ただ、最近は周囲に『コメディをやりたい』と言っているようですから、今後ドラマに出るとしたらコメディドラマになるのでは」(テレビ局関係者)

 そんな話を聞いてか、ドラマのプロデューサーも打ち上げの場で、「ぜひ、映画を目指しましょう! うちは、『半沢直樹』のようなドラマもやれば、こういうドラマもやるんです。堂本さんで映画化できるように動きます!」と宣言していたそうだから、続編は映画になるかも?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング