「故・筑紫哲也さんレベルの影響力」TBSはやっぱり、みのもんたに頭が上がらない!

日刊サイゾー / 2013年9月26日 9時0分

写真

「朝ズバッ降板? 本人が言いださない限り、それはあり得ませんね」

 そう語るのは、TBS局員の男性だ。次男の御法川雄斗容疑者が窃盗未遂容疑で逮捕されたことを受け、同局の『みのもんたの朝ズバッ!』など報道番組への出演を自粛しているみのもんた。今月17日には『朝ズバッ!』『みのもんたのサタデーずばッと』のスタッフが集められ、上層部から今回の件について話し合いが持たれたという。

「そこで、みのさんの降板が発表されるのでは? と注視していたマスコミもあったようですが、結果はとんだ肩透かし。プロデューサーが『こういう時こそ、一致団結して頑張ろう』と檄を飛ばしただけで、肝心のみのさんの進退については言及しなかったそうです」(週刊誌記者)

 それもそのはず、みのの処遇は、同局トップの井上弘会長が握っているというのだ。

「みのさんと井上会長は古くからの付き合いで、よく一緒に銀座の高級クラブで遊んでいましたよ。みのさんが“接待”する立場で、高価なお中元やお歳暮も贈っていたとか。そのつながりは強固で、事件直後に早々と井上会長が『本人が罪を犯したわけではないから』と、全面擁護の姿勢を打ち出したそうです」(テレビ関係者)

 似たような前例があるのも、みのには追い風だ。2004年、年金未納問題が騒動となるなか、『NEWS23』のキャスターを務めていた故・筑紫哲也さん(享年74)にも年金未納が発覚。番組内でこの問題に舌鋒を振るっていただけにバツが悪く、謝罪し、同年5月から謹慎に入った。

 ところが、わずか10日後には復帰。当時を知る局員によると「本人が意図的に未納にしていたわけでなく、事務所の手続き上のミスだった。この時も最終的にOKしたのは井上会長だったという。筑紫さんはTBSに絶大な影響力を持ち、不倫疑惑で窮地に陥った山本モナをクビにした。スタジオ内は全面禁煙だが、ヘビースモーカーの筑紫さんだけは特例として喫煙が認められていたほど。その筑紫さんと現在のみのさんは、同等の影響力を持つ」という。

 となると、『朝ズバッ!』降板どころか、スピード復帰も現実味を帯びてくる。

「“筑紫さんルール”が適用されれば年内、早ければ10月には戻ってくるんじゃないですか。次男の捜査の進展次第ではありますが……」(同)

 視聴者から相当な反発も予想されるが、ノド元過ぎればなんとやら。みのの“絶対王朝”は変わらないようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング