芸人から「行きたくない」の声も……不便すぎるイオン幕張よしもと新劇場は大丈夫か?

日刊サイゾー / 2013年10月3日 13時0分

写真

 12月20日にオープンする吉本興業の新劇場「よしもと幕張イオンモール劇場」に、早くも集客を心配する声が上がっている。

 同劇場は、千葉県千葉市に新設される国内最大級の商業施設「イオン幕張新都心」内に設置され、収容人数は約300人。人気芸人によるお笑いライブのほか、タレントによるワークショップ、ダンスパフォーマンス、アイドルの公演などが行われる予定だという。

 吉本興業の大崎洋社長は、先月行われた概要記者会見で、「イオンモールのお客さまに夢中になっていただけるように、芸人ともども夢中になって、新しい情報の発信基地を作ろうと思っています」と意気込みを語っていた。

 現在、吉本興業グループが運営する劇場は、東京・新宿駅直結の「ルミネtheよしもと」や、大阪の大劇場「なんばグランド花月」をはじめ、合計7カ所。2年前に客足が伸びず閉館した「品川よしもとプリンスシアター(東京)」や「京橋花月(大阪)」を除いては、劇場に通う固定ファンのほか、地方からの団体客などをうまく動員につなげてきた。

 しかし、「イオン幕張新都心」の建設地は、運行本数が少ない上に、臨海部のため強風で止まることも多いJR京葉線の「海浜幕張駅」と「新習志野駅」のほぼ中間に当たる場所。お世辞にも「駅近」とは言えず、近くには大型展示施設「幕張メッセ」や、千葉ロッテの本拠地球場もあるが、とんぼ返りの客が大半だ。

 さらにここ数年、周辺のオフィスビルに入っていた企業や店舗は次々と撤退。特に夜は「ゴーストタウン」と揶揄されるほど人通りが少なく、地元住民の間でも「なぜ、こんなところにお笑いの劇場を?」と疑問の声が上がっているという。

「東京のよしもと芸人の間でも、『幕張には行きたくない』という声が高まっています。新宿から電車で往復2時間以上かかるだけでなく、交通費も優に1,000円を超える。日頃、出演ライブのチケットの買い取りを強いられている上に、劇場への交通費も出ない若手芸人らは戦々恐々としています」(吉本興業関係者)

 新劇場の舞台に、どのランクの芸人が立つかはまだ不明だが、2年前に閉館した品川の劇場でさえ、お笑いファンの間では「行きづらい」と悪評を買っていただけに、この関係者は「ほかの劇場と同じようなプログラムなら、平日の300席を埋めるのは難しい」としている。

 オープン前に、不入りが危惧されている「よしもと幕張イオンモール劇場」。ゴーストタウンに笑いを届けることはできるだろうか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング