フジ“カトパン”加藤綾子アナ、西武・片岡治大との熱愛を「書かれちゃった~」と、あっけらかんのワケ

日刊サイゾー / 2013年10月23日 9時0分

写真

 女子アナ人気No.1のフジテレビ加藤綾子アナウンサーとプロ野球・西武ライオンズ片岡治大内野手の熱愛が15日、東京スポーツで報じられた。

 記事では、ある制作会社スタッフの「2人の関係を聞いたのは昨秋ごろ。カトパンは野球の取材で球場に行くことはないから、フジのスタッフが仲介してグッと親密になったようです。局内では知る人ぞ知る話」というコメントを掲載。

 今春には東京・渋谷の高級焼き肉店でデートしていたそうで、密会を目撃した芸能プロ関係者によると「その店は黒を基調としたシックな雰囲気で、全席個室。周囲にバレないから、お忍びで会うのにはもってこいなんです。で、例の密会だけど、店員が個室のドアを開けた瞬間、見えてしまって……。カトパンと片岡選手が顔をかなり近づけて、仲むつまじく談笑する姿をね。ウワサはホントだった! って、もうビックリ。シーズン中は会うのを極力避けていたようだけど、今季、片岡選手がケガしていた時も、マメに連絡して支えていたと聞きます」という。

 事実なら、カトパンファンにとってはなんともショッキングな話だが、ある週刊誌記者は懐疑的な目を向ける。

「確かにこの2人の組み合わせはウワサされていて、今春に複数の朝刊スポーツ紙が記事化に向けて動いていたのは事実。ただ、その時は球団からNGがかかったそうだ。そこから情報が漏れ始め、東スポ記者の耳にも入ってきたのだろうが、某週刊誌がここ数カ月間、2人を徹底的に張り込んだところ、ツーショットはおろか、会うこともなかったらしい。現時点でどうかと言われると、かなり微妙だ」

 西武が14日のクライマックスシリーズに敗退したのを見届けてから記事化されたことで、東スポにしては珍しく(?)記事の信ぴょう度は高いと見る向きもあるが、当のカトパンは局内で「あはは。書かれちゃいましたぁ~」と、あっけらかんと笑い飛ばしていたという。あと半年早く記事にしてれば、大スクープだったかも!?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング