中日・落合GM動く!? 楽天イーグルス正捕手・嶋基宏に“電撃トレード”のウワサ

日刊サイゾー / 2013年10月28日 16時0分

写真

 12年ぶりのBクラスからチームの建て直しを迫られている中日ドラゴンズ・落合博満ゼネラルマネジャーが、早速エンジン全開だ。そんな中、「集客面」の強化として球団からオーダーされているのが、「捕手として客が呼べること」が条件となる谷繁元信監督(選手兼任)の後継者の育成だという。

 中日関係者からは、その候補の一人として、楽天・嶋基宏捕手の名前が挙がっているという。

「岐阜出身の嶋は地元への愛着が強いことに加え、谷繁さんを昔から慕っていますからね。入団時のアンケートでも尊敬する選手を谷繁さんと答えていますし、谷繁さんが横浜市の自宅から近い国学院大のグラウンドを自主トレに使用している関係で、同大出身の嶋は付き合いもあるんですよ」(同)

 嶋は、自球団の星野仙一監督からは判で押したように「いつまで野村の野球をやっとんのじゃ」と冷たく突き放されているところが何度も目撃されている。一方、谷繁からは「野球に対して貪欲な姿勢がいい」と声をかけられたという話もある。

「もともとバッターと投手との相性を重んじるデータ野球派の嶋と、バッターが誰であれ『内角を強気に突くリード』をしろと、持論を押し付ける星野野球とでは合わない、という声は多いですからね」(同)

 確かに嶋は理論派で、野村克也監督時代には中学時代の成績表がほぼオール5だった“知力”を買われ、レギュラーの座をもぎ取ったエピソードの持ち主だ。

 スポーツ紙の記者も「嶋は将来の夢を監督だと公言していますし、それならば多くのチームを渡り歩いたほうが捕手としては経験を積めますよ。彼の性格からして、自分を高く買ってくれるところへの移籍を直訴する可能性はあるでしょう」と話す。

 一部ではすでに落合GMと谷繁が、嶋獲得の本格検討に入ったともいわれるが、楽天の球団関係者に嶋の移籍がありえるのか聞くと「まだポストシーズン中で、その手の話はすべきではない」とノーコメントだった。

 前出・中日関係者は「どういう編成をしているか球団の末端までは伝わってきませんし、落合GMが徹底して情報封印する“鉄のカーテン”では、いざ電撃トレードが成立するその瞬間までわからないかも」という。

 中日再建の鍵を握る「捕手の後継者」に、サプライズはあるのか――?
(文=ハイセーヤスダ)

日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング