「豪邸維持費だけで3,500万円!?」“年収5億円減”みのもんたに通販番組オファー殺到か

日刊サイゾー / 2013年10月30日 17時30分

写真

 26日、通称“バカヤロー会見”を開いたみのもんた(69)のある“心配ごと”について、30日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 記事によれば、近年の芸能活動で年間7億円を稼いできたといわれるみのの、報道番組降板後の収入は、『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)と『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』(文化放送)を合わせても、年収1億5,000万円程度。税金や経費を差し引くと、手取り額は5,000万円弱と算出している。

 さらに、このうち年間3,500万円ほどが、鎌倉の邸宅にかかる固定資産税と維持費に消えると試算し、年収の大半が豪邸の維持費で消えてしまう現状に、「たったひとりで住むために非現実的な屋敷を維持する理由がどこにあるのか」と疑問を呈す。

 この緊急事態について、番組制作会社の関係者はこう話す。

「スキャンダルで仕事が減ってしまった有名人は、通販番組や、ローカル局が飛びつく傾向がある。みのさんにも、そういったオファーが殺到するでしょう。中でも通販番組は、ギャラが高いことで有名。通販番組NGのタレントも多い中、みのさんはすでに『みのもんたの売れるにはワケがある!』(日本テレビ系)という特番の通販番組を持ってますから、免疫がある。さらに今月には、スマホ向け放送局・NOTTVのトーク番組に出演。時間があれば、細かい仕事も受けるスタンスなのかもしれません。需要は十分ありますから、仕事さえ選ばなければ、数億円稼ぐのはたやすいでしょう」(同)

 確かに、会見後も週刊誌のロングインタビューに応じるなど、オファーは積極的に受けるスタイルなのかもしれない。かつて“視聴率男”と呼ばれ、テレビ界の頂点に立ったみの。「報道番組を持つのが夢だった」と語った彼は、プライドを捨てて豪邸を維持することはできるだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング