「若い子の水着が見たいのに……」浜崎あゆみ「ヤングマガジン」巻末ヌードグラビア掲載の衝撃

日刊サイゾー / 2013年11月11日 20時30分

写真

 11日に発売された漫画誌「ヤングマガジン」(講談社)の巻末ページに、歌手・浜崎あゆみ(35)のセミヌードグラビアが掲載された。

 同誌では、15日発売のデビュー15周年記念写真集『ayu』(同)からのカットを、カラー3ページにわたり掲載。ショーツのみを身に着け、腰にタトゥーを覗かせたヌード姿で、米LAにあるという自宅のベッドに座る姿や、黒いブラジャーから大胆に谷間を覗かせる写真など数点が載っており、「鼓動(バイブス)高まるグラビア! オレたちは、またアユにハマる!」というコピーが添えられている。

 これを見た読者からの評判は、真っ二つ。女性ファンからは、「ayu、かわいすぎる!」「こんな生活してるなんて憧れる!」といった声が上がる一方で、男性読者からは「『ヤンマガ』読者は、若い子の水着が見たいのに……」「“プライベート感たっぷりの写真集”なんて言ってるけど、いつもの修正写真」「なんで脱ぐの? 誰得?」といった厳しい声も。

 「ヤングマガジン」への掲載については、同誌で予告がされてからというもの、ファンの間でも物議を醸してきた。漫画誌の巻末グラビアとは、駆け出しのアイドルが登場するページとして広く認識されており、実際、同誌の前号でも、無名の新人が初々しい水着姿を披露していたからだ。

 また、雑誌といえば、主にファッション誌の表紙しか受けないことで有名な浜崎だけに、この二次掲載は本人も不本意だった模様。5日、Twitterでの「あゆ、ヤングマガジンでグラビアするの? ワクワク♪」というファンの投げかけに、浜崎は「しないです(苦笑)viviと同じ講談社さんだから写真集の宣伝してくれてるんじゃないかな? ただ作品の方向性を間違えてうけとられるような扱いにならぬ事を祈ります」と不快感をあらわにしていた。

「11年半ぶりの浜崎さんの写真集をコケさせてはエイベックスに顔が立たないと、版元も宣伝に躍起なのでしょう。もしかすると、『ヤンマガ』巻末史上、最高齢を記録したのでは? 二次掲載とはいえ、あゆの黒歴史となるでしょう。浜崎さんは、9月に発売されたデビュー15周年記念アルバムが、初週1万5,218枚と振るわず“落ち目”などと話題になりましたが、写真集の売り上げランキングにも注目が集まりそうですね」(出版関係者)

 9日には、自身のTwitterで「Tokyoから様々な分野のたくさんの最強スタッフがLAに集結してくれたおかげで最高の作品を創る事が出来ました。本当に感謝しかありません。ありがとうございましたー!!!On my way to my home sweet home」と、英語交じりで写真集をPRしていた浜崎。35歳となった彼女のセミヌード写真集は、ヒットするのだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング